logo

JAソーラーが認証取得60セル・ダブルグラス・モジュールを量産へ

JAソーラー・ホールディングス 2015年08月17日 11時49分
From 共同通信PRワイヤー

JAソーラーが認証取得60セル・ダブルグラス・モジュールを量産へ

AsiaNet 61495 (1040)

【上海2015年8月17日PRN=共同通信JBN】高性能太陽光発電製品の世界最大手メーカーの1つであるJAソーラー・ホールディングス(JA Solar Holdings Co., Ltd.、Nasdaq:JASO)(以下JAソーラー)は17日、同社標準60セル・ダブルグラス・モジュールがIEC61215およびIEC61730規格で必要とされるすべての信頼性試験に合格し、テュフズード(TUV SUD)認証を取得したと発表した。同モジュールは世界市場向けのダブルグラス・モジュール量産を開始した。

  Photo - リンク

太陽光発電(PV)設備の設置はこのところ、世界的に広く前例のないペースで成長しており、PV製品の性能は着実に向上、厳しい環境でも急速な劣化のない運転が可能な高品質で信頼性のあるPVモジュールの需要が大いに高まっている。この需要に対応するため、JAソーラーはダブルグラスPVモジュールの開発を成功裏に完了し、2015年8月初めからモジュールの量産を開始した。JAソーラーの60セルマルチシリコン・モジュールは、フレームなしのデザインで量が2.5ミリ厚の高強度強化ガラスを使って封入される。前面をカバーするだけの通常のPVモジュールと比較して、このダブルグラス・モジュールはより信頼性、耐久性があるとともに、海岸線、養魚場、砂漠など高温、多湿、塩気の多いあるいは乾燥した厳しい環境にも耐候性を持って展開できる。さらにJAソーラーのダブルグラス・モジュールは、1500Vシステム向けIEC規格に基づいて設計されており、30年間の保証すなわち初年度2.5%以下の出力劣化とその後は直線的な年間0.5%の劣化率となっている。この保証期間の終わりには、そのようなダブルグラス・モジュールの性能レベルは当初算定出力の85%までなお実現する。

JAソーラーのジアン・シエ社長は「TUV SUDに基づきIEC61215およびIEC61730標準試験に合格し、世界市場向けにダブルグラス・モジュールの量産を開始したことは、高品質と信頼できる高性能PVモジュールを顧客に提供する当社の伝統とともに、技術革新と継続的な性能向上を通じてクリーンエネルギーに対する世界的な需要増に応えるコミットメントを示している」と語った。

ソース:JA Solar Holdings Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。