logo

『らーめん大好き小泉さん』が今度はラーメン発祥の地で…中国13億人に向けて竹書房の人気コミックを電子配信!!

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、フジテレビ系列でドラマ化され大きな話題を呼んだ『ラーメン大好き小泉さん』(著者:鳴見なる氏)など、竹書房が出版する人気コミックの版権に関して交渉を進め、中国大陸全土における電子コミック配信の実現をサポートいたしました。



今回の中国配信の目玉となる『ラーメン大好き小泉さん』は、女優の早見あかり主演でドラマ化され、2015年6月よりフジテレビ系列で全4回が放送され大きな反響を呼んだ人気コミック作品です。同番組は深夜番組としては類のない高視聴率8.2%(第二話)を叩きだし話題に。放送終了を惜しむ声がインターネット上で数多くつぶやかれました。主人公は、クラスメートと関わりを持とうとしない無口な美人女子高生「小泉さん」。ある日、彼女の可憐な容姿に興味を持ったクラスメートが、毎日ラーメンの名店に吸い込まれる「小泉さん」を発見し、ラーメン屋巡りを通じて友情を育むというストーリーです。この『ラーメン大好き小泉さん』をはじめとする竹書房が出版する人気コミック(下記参照)は、中国最大の電子マンガプラットフォーム 「布卡漫画」において8月末より配信される予定です。

「布卡漫画」は、登録ユーザー数5,000万人を超える中国で最も人気のあるスマートフォン電子マンガアプリです。7月に開催された第19会国際電子出版EXPOに中国国内企業として初の出展を果たした北京二次元が運営しており、中国国内における日本のコミックの人気の高さを背景に、同社より数多くの日本のコミック作品に対するオファーをいただいております。当社は今後も日本のコミック作品がより多くの中国の読者に届くよう、同プラットフォームにおける配信を推進してまいります。また、昨年末には『コブラ』(著者:寺沢武一氏)や『シニカル・ヒステリー・アワー』(玖保キリコ氏)、『薔薇のジョセフィーヌ』(著者:落合薫氏、作画:いがらしゆみこ氏)など、作家の世界進出プロジェクト『Japanese Authors’ Gallery KAORI』を始動し、日本のコミック作品を積極的に海外に展開しております。当社は今後も、理念である『プロフェッショナルの生涯価値の向上』の実現に向けて、日本の優れた作家の方々の活躍の場を国境を越えてエクスパンドしてまいります。

====================================
中国語電子版コミック配信予定作品 ※【】内は著者(敬称略)
====================================
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

====================================


■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・名古屋・京都・高松・広島・福岡・熊本・那覇/ソウル・上海・北京
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッションのプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソーシング、
著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:リンク
   リンク(電子書籍・出版関連事業の情報サイト)


===================
【この件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部
TEL:03-4550-0008

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事