logo

TDSM、IoT分野ソリューションの充実にむけ、「Salesforce1 IoTジャンプスタートプログラム」に参加、豊富な統計解析技術を活かしたサービスを提供

テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:城谷 直彦、以下 TDSM)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出 伸一、以下セールスフォース・ドットコム)とIoT分野における強力なパートナーシップを実現していくため、「Salesforce1_IoTジャンプスタートプログラム(以下、Salesforce1 Platform)」に参加し、統計解析技術を活かしたサービスを提供していくことをお知らせします。



世界最大のクラウド型CRM・SFAベンダーであるセールスフォース・ドットコムは、IoT市場の急成長に伴う企業の新たなビジネス価値を早期に創出させることを狙いとして、Salesforce1 Platformを基盤にパートナーのIoT関連サービスやソリューションと連携するSalesforce1 IoT ジャンプスタートプログラムを発足しました。

TDSMは、最先端の研究所でサイエンスを研究していたメンバーをはじめ数十名から構成され、各業界・業務ごとに高度なデータ分析を強みとしております。すでにIoTを活用した豊富なデータ分析の実績があり、独自のアルゴリズム解析技術を搭載した人工知能製品「scorobo」を提供しております。
TDSMとセールスフォース・ドットコムは、従来よりCRM・SFA市場のデータ解析分野で協力関係を敷いており、このたび、本プログラムにTDSMが参加することで、Platform 上に蓄積される大容量データをTDSMが得意とする解析技術を通して、機器の遠隔監視やモニタリング、故障予知などネットワークを介したIoTデータ活用サービスに展開していくこととします。

具体的には、
・機器の稼働・障害状況のログデータを解析し機器の故障を事前に検知した予防保全ソリューション等
・顧客への早期対応サービスを実現できる高度な保守サービスソリューション等
・工場・現場の作業環境改善、作業員の安全確保ソリューション等
を提供していく予定です。

以上

□日本国内におけるIoT市場の広がり
今年8月、IDC Japan株式会社は日本のIoT (Internet of Things: モノのインターネット) 市場に関する初のレポートを公開しました。同レポートによると、システムとデバイス、コネクティビティ、プラットフォーム、アナリティクス、アプリケーション、プロフェッショナルサービス、セキュリティを含むコネクテッドデバイス市場は、2013年に11兆1,240億円 規模にまで成長しました。市場に出回っているIoTデバイスの数は推計4億9,500万に上り、2013 ~ 2018年のCAGR (年平均成長率) は13.7%で推移する見込みです。またIoT市場規模は、2018年までに21兆1,240億円に倍増すると予測されています。

□Salesforce1 IoTジャンプスタートプログラムイメージ
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。