logo

HyperX、Intel Skylakeプラットフォームに対応する HyperX FURY DDR4の2個組キットをリリース

最大2666MHzまでの自動オーバークロッキング
第6世代のIntel® Core™プロセッサおよびZ170チップセットに合わせて最適化
8GB~64GBの容量のキット構成

メモリ製品で世界をリードするメモリメーカーのKingston Technologyの事業部門であるHyperX®は本日、HyperX FURY DDR4ファミリに8GBと16GBのデュアルチャネルの2個組キットを追加することを発表しました。

この新しいキットは、低レイテンシの2133MHz、2400MHz、2666MHzという周波数タイプで提供され、新しいIntel Skylakeプラットフォームに合わせて最適化されています。また、第6世代のIntel® Core™プロセッサ(旧コードネームはSkylake-S)とZ170チップセットを搭載する次世代ハイエンド・デスクトップに、プラグアンドプレイ機能による自動オーバークロッキングを提供する最初の製品ラインです。

HyperX FURY DDR4メモリは、Intelの2または4コア・プロセッサ向けの高コスト効率、高パフォーマンスのアップグレードとなり、より高速なビデオ編集、3Dレンダリング、ゲーム、AI処理に有効です。1.2Vという低電圧設定であり、DDR4の電源効率が最大限に活かされ、高周波数を実現するために電圧を上げる必要がありません。HyperX FURY DDR4は、FURYに特徴的な非対称デザイン内に低プロファイルのヒート・スプレッダーを備え、ブラックのPCBが、最新のPCハードウェア・デザインを際立たせ引き立てています。

当社のHyperX部門でAPAC地域販売ディレクターを務めるアン・バイは、次のように述べています。「ゲームのパフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを最大限に高めたいと期待するエントリーレベルの愛好家向けに、低レイテンシの2133MHz、2400MHz、2666MHzのHyperX FURY DDR4デュアルチャネル・キットを発表できることを大変喜ばしく思っています。これらの新しいモジュールでは、面倒な操作を行うことなく、自動オーバークロッキングを通じて最大周波数を実現できます。HyperX FURY DDR4は、最低限の初期投資で最大限の速度を手に入れたいユーザーに理想的です。」



HyperX FURY DDR4の機能と仕様

• 簡単な実装1:プラグアンドプレイ機能
• 自動オーバークロッキング:メモリを実装するだけで高速化し、BIOSの調整は不要
• 高コスト効率:価格とDDR4パフォーマンスの完璧な組み合わせ
• 独自性:FURYに特徴的な非対称ヒート・スプレッダー
• デザイン:PCBとマッチする低プロファイルのブラックのヒート・スプレッダー
• 信頼性:対応周波数に関して工場内で100%テスト済み
• 互換性:あらゆる一般的ブランドのマザーボードでテスト済み
• 保証:無期限保障、無償テクニカル・サポート
• 容量:8GB、16GB、32GB、64GBのキット構成
• 周波数:2133MHz、2400MHz、2666MHz
• CASレイテンシ:CL14~CL15
• 電圧:1.2V
• 動作温度:0~85°C
• 保管温度:-55~100°C
• 寸法:133.35mm x 34.40mm

HyperXについて
HyperXは、高速DDR4/DDR3メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ゲーム関連アクセサリを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッカー、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeスポーツに尽力しており、世界の20チームのスポンサーとIntel Extreme Mastersのメイン・スポンサーを務めています。China Joy、PAX、Davao Cyber Expo、TGS & Big Festなどの多くのショーでHyperXの名前を見つけることができます。
詳細については、HyperXのホームページをご覧ください。

Kingston の関連情報:
Facebook: リンク
YouTube: リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。