logo

「Plan・Do・See」が次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」を導入

株式会社フロムスクラッチ 2015年08月07日 11時00分
From PR TIMES

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が提供する次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」が、ブライダル・ホテル・レストランマネジメント事業を展開する「株式会社Plan・Do・See(以下、Plan・Do・See)」に導入されたことをお知らせいたします。




[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]




【導入の背景】
オリジナルウェディングやホテル・レストランのマネジメント・プロデュース事業を手がけるPlan・Do・Seeは、業容の拡大に伴い、デジタルマーケティング領域において「施策成果の精緻な可視化が困難」、「会議資料作成による工数負荷増大」、「ユーザー情報に基づく施策の最適化がなされない」といった課題を抱えていました。


【B→Dash導入による期待効果】
上記の背景を踏まえ、Plan・Do・Seeが今回、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入の決断に至った主な理由・期待効果は以下の通りです。

-1.ユーザーLTVの向上
アトリビューションからLTV分析まで、マーケティングプロセスを一気通貫してデータ取得・分析・管理ができるB→Dashの導入により、「LTVの高いユーザーが、どのようなカスタマージャーニーを描いているか」が把握できるようになります。その結果、LTV最大化のための戦略が明確になります。

-2.資料作成自動化による業務効率化
B→Dashが社内システムと自動連携することで、即座にデータがまとめられレポートが作成できるようになります。これまで長時間を費やしていたレポート作成作業がなくなり、大幅な業務効率化が可能となります。

-3.ユーザー情報のトラッキングによる成約率向上・顧客満足度向上
どのデジタルチャネルの、どの広告・クリエイティブからコンバージョン(問い合わせ)・成約に至ったのかが可視化されることで、広告媒体への予算分配の最適化を行い、有効な広告施策の実施・サイトの改善などが容易となります。


【次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」とは】
「B→Dash」は、企業のマーケティングプロセス全体に渡るデータを統合し、一気通貫で分析/管理/改善を可能にするSaaS型マーケティングプラットフォーム。現状、「DMP」「マーケティングオートメーション」「コンテンツマーケティング」「メールマーケティング」などのマーケティングソリューションが話題となっており、幾つかのサービスやソリューションを導入した結果、「運用に乗らない」、「効果が見えない」といった課題を抱える企業が数多く存在する。その中で、「B→Dash」はオールインワンで全ての機能を装備、実装した次世代型マーケティングプラットフォーム=プライベートマーケティングプラットフォームとして、個社毎のビジネスプロセスや業務フローに対してカスタマイズし、フィットさせることで、企業の収益向上並びにマーケティング業務効率向上を可能にするプロダクトです。B→Dashは年内の導入実績社数300社を目指し、機能強化を図って参ります。


【株式会社フロムスクラッチについて】
当社は”日本のGlobal Presence向上”をミッションとし、日本にマーケティングテクノロジーイノベーションを起こすべく、独自のマーケティング基幹技術である、『MIERUKAマーケティング』を軸に、事業を展開しています。現在は、クライアント企業のマーケティング変革に必要不可欠なマーケティングプラットフォームの構築/導入支援に取り組んでおります。

また、直近ではマーケティングテクノロジーのナレッジを活用し、ビッグデータマーケティング領域、ヒューマンリソース領域への参入を計画しております。
今後、マーケティング領域をはじめとして、複数領域において、プラットフォームプロダクトの開発及び展開を推進して参ります。


【会社概要】
・会社名:フロムスクラッチ
・事業内容
-Marketing Strategy事業
・『MIERUKAマーケティング』を用いたコンサルティング支援
・プライベートマーケティングプラットフォーム『B⇒Dash』の開発、並びに導入支援
・事業戦略立案支援
・新規事業立案支援
・Digital Marketing戦略、並びに解析支援
・Business Process構築支援
・URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。