logo

HSRxが後期段階オーファン薬、画期的複合製剤のライセンス取得

HSRx Group 2015年08月06日 16時15分
From 共同通信PRワイヤー

HSRxが後期段階オーファン薬、画期的複合製剤のライセンス取得

AsiaNet 61419(1010)

【トゥーソン(米アリゾナ州)2015年8月6日PRN=共同通信JBN】現在の緊急な公共保健の難問に対応するため、アリゾナ州に本社を置くバイオ医薬品会社のHSRxグループ(リンク )は複雑な病気の症状の治療、予防療法を劇的に改善する新世代の複合製剤を開発している。

これらの標的療法は心臓血管、神経変性、代謝性ライフスタイル疾患が流行段階に近づき、ウイルス性、バクテリア性感染症が現在の薬物治療に耐性を示している時期に開発されている。HSRxのロバート・ガウ執行会長は「これらの複雑な病気に関わる複数の人体メカニズム(リンク )に効果的に関与する新世代の治療法が絶対的に必要とされている」と指摘している。

HSRxは独自の食品ベースの化合物とFDA(米食品医薬品局)承認のジェネリック薬剤を組み合わせることによってこれらの重大な健康問題に対応している。HSRxはFDAの規制による人体での臨床研究ですぐれた治療結果と改善された安全特性を示す特許取得可能な複合製剤をつくり出している。これらの製品はFDAのファストトラック販売承認が得られるオーファン新薬、画期的新薬カテゴリーを目指している。

ガウ会長は「わが社の複合製剤は、現世代の薬物のように単一のメカニズムではなく病気に関連する複数の人体メカニズムに関与する。複数のメカニズムに関与することは複雑な病気の治療により効果的であることが証明されている。この利点は大ヒット薬剤カテゴリーで市場シェアへの急速なアクセスを望む企業にとって強力に魅力的である」と語っている。

HSRx独自のOTC製品ポートフォリオは十分に開発されていて直ちに市場化可能で、OTCの健康状態カテゴリーの売れ行きトップで価値あるライン拡張を提供する。すべてのHSRx薬剤-ニキビ、アレルギー、風邪・インフルエンザ、睡眠障害、足の痛み、関節痛など-はFDAの要求条件を満たしており、「自然」「有機」のラベル表記を認められている。どの製品も個別に行われた人体臨床試験でそのカテゴリーの現在の市場リーダー製品の効能を上回っていることが確認されている。

HSRxはその製品について医薬品、OTC薬、消費者直接販売会社とライセンス関係を結んだり、合弁事業を行ったりする。HSRxのトマス・サリバン・ジュニア・マネジングディレクターは「わが社は現在、比較研究、マーケティング開始を通じて19製品の順位決定を行っている」と述べている。

HSRxはフロリダ州に本社を置く有力なバイオサイエンス会社のHerbalScience, LLC(HSG)グループから10件の独自OTC薬製品を買収し、8件の独自の疾患特定医薬製品のインライセンス関係を結んだ。HSGの医療、エンジニアリング研究者の世界的なネットワークは、病気関連の遺伝子発現によい影響を及ぼす2つのものである食品のバイオアクティブ植物性化学物質と人体メカニズムを特定する技術を完成させた。

▽HSRxグループについて
HSRxグループは、インフルエンザ、アルツハイマー病、リウマチ性関節炎、硬腫瘍がん、MRSA、1型糖尿病、血管性認知症、脳卒中を含む幅広いグループの慢性疾患を予防、治療する新世代の複合製剤を開発しているバイオ医薬品会社である。その技術は病気と闘う食品の化学を選ばれたジェネリック薬と統合して特許寿命の長いユニークな医薬製品をつくり出す。HSRx製品は健康管理提供者に対して支払い側と患者にやさしい複数メカニズム疾患の緩和療法というオプションを用意している。詳しい情報はリンク へ。

▽問い合わせ先
Matt Russell
Russell Public Communications
+1-520-232-9840
mrussell@russellpublic.com

ソース:HSRx Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。