logo

CiscoIOSの便利機能について

CTC教育サービスはコラム「CiscoIOSの便利機能について 」を公開しました。

###
今回のInst. Tech Viewでは、第8回でご紹介したCiscoデバイスのバックアップを掘り下げ、Cisco IOSの便利な機能についてご紹介を致します。ご紹介するのは、Cisco IOSがサポートするコンフィギュレーションの差分表示機能についてです。

 Cisco IOSを使用しCiscoデバイスに付加機能を設定していくと、様々な設定コマンドがrunning-configの中に反映されます 。保存されたコンフィギュレーション(startup-config)からの変更が少なければ、変更された設定(差分)を把握するのは容易です。しかし、設定の追加や変更、削除が多い程、差分を認識する事は難しくなります。

 そこで、Cisco IOSではContextual Configuration Diff Utilityを提供しています。本機能を使用することにより、コンフィギュレーションの比較を容易にします。

 以降は、Cisco IOSがサポートするHTTPサービスを例に、コンフィギュレーション差分表示機能の出力をご紹介します。HTTPサービスはブラウザ越しにCiscoデバイスを管理するサービスを提供します。Ciscoデバイスではデフォルト有効のため、サービスを使用しない際に無効化することが推奨されます。

1. 現在のコンフィギュレーションをstartup-configに保存します。

 Router#copy running-config startup-config

2. no ip http serverコマンドを実行します。下記の実行コマンドは、ルータのHTTPサービスを無効化するコマンドです。

 Router(config)#no ip http server

3. show archive config incremental-diffsコマンドを実行し、出力を確認します。下記の実行コマンドは、running-configに保存されておらず、startup-configに保存されている増分コマンドのみを表示します。

 Router#show archive config incremental-diffs nvram:startup-config
 !List of Commands:
 ip http server end

以上のように、ルータのHTTPサービスについて変更を行った情報(差分)が確認できます。
また、下記のようにrunning-config以外のファイルでも差分比較を行う事が可能です。

1. 現在のコンフィギュレーションをstartup-configに保存します。

 Router#copy running-config startup-config

2. ルータのHTTPサービスを無効化します。

 Router(config)#no ip http server

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。