logo

カーライルブレーキ&フリクション社がグローバルな エンジニアリングと最新版ITAR順守の 効率化にArasを採用

高性能ブレーキ・クラッチ・フリクションソリューションの大手メーカー、3大陸にまたがるエンジニアリングおよびサプライチェーンでの重大な意思決定を標準化するためにArasを採用

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年8月4日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass. and Munich, Germany – 2015年8月4日(米国東部時間) – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、高性能で耐久性の高いブレーキおよびトランスミッションアプリケーションの大手プロバイダーであるカーライルブレーキ&フリクション社が、エクステンディッド・エンタープライズ(拡張していく企業体)全体でのプロセスの効率化・改善を目的にArasのPLMプラットフォームを選択したと発表しました。

カーライルブレーキ&フリクション社では、Arasの認定ゴールドパートナーであるRazorleaf社と協力し、プラットフォームの柔軟性とすぐに使えるベストプラクティスのソリューションが豊富な点を理由に、ArasのPLMを選択することとなりました。Aras InnovatorによってCreo CADとQAD ERPシステムを統合し、カーライル社におけるITAR(武器国際取引に関する規則)の順守、エンジニアリングプロセス、部品管理、BOM管理、変更管理、さらに世界11か所の製造・購買拠点での監査を一元管理することが可能になります。

「当社が扱う軍事用の部品の中には、そのアクセスおよび輸出に関連してITARによる規制の対象となるものがあります」と、カーライル社のコンピューターエレクトロニクス担当シニアエンジニア、Isaiah Kincaid氏は述べています。「ArasのPLMによって、当社はその全拠点においてロールベースセキュリティを即時利用することができ、そこで使われる部品は確実にすべてITARの基準に沿ったものになります。」

カーライル社のITスタッフはマイクロソフト製品を使う機会が非常に多く、そのためMicrosoft .NETおよびSQLサーバーのプラットフォーム上に実装されるAras Innovatorのアプリケーションフレームワークに魅力を感じています。また、Aras Innovatorは他社のPLMプラットフォームと比較して極めて迅速な導入が可能であることを立証しています。

「カーライルブレーキ&フリクション社は、60年以上にわたり先進で高性能な製品をOEMとして提供してきました」とAras CEOのPeter Schroerは述べています。「同社のグローバル規模でのプロセス改善と製品コンプライアンスに必要なバックボーンとしてAras製品を提供できることを大変楽しみにしています。」

【Razorleaf社について】
Razorleafは、顧客がPLM技術とビジネス課題のギャップを埋め、顧客のテクノロジーへの投資に対してより大きな価値を創出できるよう支援します。ディスカバリープロセスから実装後のサポートまで包括的なアプローチで、効率性とオペレーショナル・エクセレンスをさらに前進させるソリューションを顧客に導入してきたRazorleafは、この分野で確固としたポジションを獲得しています。Razorleafの技術的専門領域は、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM), プロダクト・データ・マネジメント (PDM/TDM)ならびにデザイン・オートメーション(DA)、プロセス管理、ビジネス・インテリジェンス、さらにシステム・インテグレーションやマイグレーションまで多岐にわたっています。詳細につきましては、リンク をご覧ください。

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては リンク および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。