logo

教職研究科(教職大学院)〈仮称〉の設置構想について -- 立命館大学

立命館大学 2015年08月05日 08時05分
From Digital PR Platform


立命館大学は2017年4月に「教職研究科(教職大学院)〈仮称〉」を設置する構想を取りまとめ、具体化にむけた準備を進めている。


 立命館大学ではかねてより、学士課程における開放制教職課程を展開。毎年、教員免許状取得者約600名、教員採用試験合格者約300名(既卒者含む)を輩出し、初等中等教育の教員養成に寄与してきた。

 このような、私学では全国有数の規模と実績を誇る教職教育の到達点を踏まえ、教員養成の大学院レベル化といった社会動向、キャンパスを設置する京都府、京都市、大阪府、滋賀県といった諸地域の教員養成への貢献とともに、大学院レベルでの実践的な教員としての力量形成を求める同大教職課程履修者のキャリア形成・進学条件を確保する点から、西日本の私学では初めての教職大学院の設置構想を進める。

 なお、本文書の内容は現時点の設置構想の概要であり、今後の検討によって変更する可能性がある。

○研究科概要
 教職研究科(教職大学院)実践教育専攻〈仮称〉では、「臨床教育」、「教育方法・学習科学」、「国際教育」のコースを設け、学校現場における現代的な諸課題とともにグローバル時代の教育にも対応できる教員としての資質を養成する教育内容を構想している。
 同研究科においては、公立学校の連携協力校と附属小学校・中学校・高等学校の先進的な実践を活かしながら、教育の「現場」と大学院での学びを往還させ、私学総合学園としての特色ある教員養成を進める。
 入学定員は35名程度(収容定員70名程度)を想定して検討を行っている。
 
○教育の特色
・総合大学の多様な学びの環境を活かした教学展開
・高度な実践に取り組む公立学校及び附属校での実習を中核とした教学展開
・グローバル時代の教育に対応できる資質の形成
・現職教員が学びやすい、多様なニーズに対応した学習環境
・小学校、中学校、高等学校、全ての学校種に対応した教学展開
・時代のニーズに即した3コースの設定
・教員としての総合的な力量形成
・中等教員の力量形成に貢献する教学内容

○設置時期・場所
 2017年4月、朱雀キャンパス(京都市中京区)で開設する準備を進めている。
※2016年3月に文部科学大臣への設置申請を予定しています。

▼本件に関する問い合わせ先
 立命館大学広報課  
 TEL: 075-813-8300

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。