logo

法政大学が2016年9月、英語学位プログラムを同時開設 -- 経営学部「GBP」、人間環境学部「SCOPE」

法政大学 2015年08月04日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人法政大学(総長:田中優子/以下、法政大学)は、2016年9月に経営学部および人間環境学部で全ての授業を英語で行う新プログラムを同時開設する。


 同大は、文部科学省の平成26年度スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」に採択された。今回の取り組みはこの一環。

 今後も、同事業における同大の構想「課題解決先進国日本からサステイナブル社会を構想するグローバル大学の創成」の目的を達成するため、引き続きグローバル化を推進していく。

【GBP概要】
■名称: 経営学部経営学科 Global Business Program 
■開設日: 2016年9月開設
■キャンパス: 市ケ谷キャンパス
■募集人員: 10名(経営学部経営学科)
■対象: 日本の経営に関心を持つ留学生及び英語により経営学を学ぶことを希望する日本人学生
■目的:
 「アジアの世紀」と言われる21世紀のグローバルなビジネス社会で活躍し、牽引できる人材として育成するため、英語で行う授業により日本企業のグローバルビジネスを実体験できる科目群で構成されるプログラムを設置。
■養成する人材像:
 同プログラムの学生は、主体的な学習への取り組みを通じて、法政大学で異なるバックグラウンドを持つ多様な学生と共に学び相互理解を深めつつ、グローバルスタンダードの経営学と、日本でこそ学ぶことのできる「日本の経営やものづくり」を修得する。
■学費: 経営学部の学費と同程度(参考:2016年度1年次学費1,196,000円)

【SCOPE概要】
■名称:
 人間環境学部 持続可能社会共創プログラム“HOSEI-SCOPE”
 HOSEI University, Faculty of Humanities and Environment, Sustainability Co-Creation Programme
■開設日: 2016年9月開設
■キャンパス: 市ケ谷キャンパス
■募集人員: 10名
■対象: 外国人学生、日本人学生問わず国内外から広く募る
■目的:
 “SCOPE”では、「持続可能な社会」とはどのようなものか、どのようにそこにたどり着くのか、という、あらかじめ定められた答えのない問いに取り組むために必要な3つの力を涵養することを目的とする。
(a)複雑に絡み合う「問題」を読み解き、現実を把握する能力
(b)「問題」解決後の姿を想像し、解決に必要なリソースを特定する構想力
(c)全ての過程において人々の協力を得、力を結集して、ともに解決策をつくりあげていくコミュニケーション力
■養成する人材像:
 グローバルな視点とローカルな視点を融合させながら、持続可能な社会の構築に寄与する“グローバル+ローカル”人材の養成を目指します。
■学費: 人間環境学部の学費と同程度(参考:2016年度1年次学費1,196,000円)

【入学試験制度について】(両プログラム共通)(予定)
■入試方法:
 書類審査による自己推薦入試
 ※志望理由書、英語資格試験(TOEFL(R)・TOEIC(R)・IELTS等)結果などをもとに審査。
 (TOEFL(R)およびTOEIC(R)はエデュケーショナルテスティングサービスの登録商標です。)
■入試日程:
 出願期間 2016年3月8日(火)~4月1日(金)
 合格発表 2016年5月24日(火)
■入学時期: 2016年9月

 今後、詳細情報を法政大学ウェブサイトおよびパンフレットで紹介する予定(ウェブサイトは2015年10月、パンフレットは2015年11月に完成予定)。

(参考)
・2008年4月、すべての授業を英語で行うGIS(グローバル教養学部)を開設しました。2013年度から春季(4月)入学に加え、秋季(9月)入学制度を導入しています。
 リンク

・2015年9月から、イノベーション・マネジメント研究科に全て英語で受講できるグローバルMBAプログラ ム(GMBA)を開設します。
 ※2015年度入学試験の願書受付は終了しています。
 リンク
 リンク

・2016年度一般入試から英語外部試験利用入試を導入。推薦入試では、グローバル体験公募推薦入試、国際バカロレア利用自己推薦特別入試を実施します。
 リンク
 リンク

●グローバル教育センターウェブサイト
 リンク

▼本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
 法政大学 総長室広報課 担当:吉田、菅野
 TEL: 03-3264-9240
 Email: koho@hosei.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事