logo

フォトジャーナリスト福島菊次郎氏の全作品の権利を取得しました

株式会社共同通信イメージズ 2015年08月03日 13時05分
From 共同通信PRワイヤー

2015年8月3日

株式会社 共同通信イメージズ

フォトジャーナリスト福島菊次郎氏の全作品の権利を取得
- 共同通信イメージズ -

 株式会社共同通信イメージズ(東京都港区、社長:小羽真司)は、日本を代表するフォトジャーナリスト福島菊次郎氏から同氏の全作品の権利を引き継ぐとともに、ネガのデジタル化を開始しました。8月5日より、代表的な写真を画像販売サイト「IMAGELINK(イメージリンク リンク」で順次公開いたします。

 福島氏は、終戦直後の広島で被爆者家族の写真を撮影した『ピカドン ある原爆被災者の記録』で、1960年に日本写真評論家賞特別賞を授賞。その後も、三里塚闘争、自衛隊と兵器産業、公害、若者など社会的な視点で数々の作品を発表してきました。
 1921年生まれ、94歳の福島氏のフォトジャーナリストとしての半生は、戦後日本の70年と重なります。その作品群は、日本の社会を独自の視点で撮影したもので、現代の日本を再確認する上で、あらためて注目されます。

 「IMAGELINK リンク」では230万点のニュース・資料写真をご覧いただけます。共同通信社のニュース写真を中心としたアーカイブに、福島氏の作品が加わることによって、多岐にわたるコンテンツをお届けできることになりました。
 共同通信イメージズは今後も、国内外の幅広いコンテンツホルダーと提携しコンテンツの充実を図って参ります。

【会社概要】
株式会社共同通信イメージズ
 所在地 : 〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2
               汐留メディアタワーアネックス3階
 代表  : 代表取締役社長 小羽 真司
 事業内容: 写真・映像販売事業、デジタイズ事業、
       ライツクリアランス事業、写真管理事業
 URL    : リンク
         リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。