logo

NEC UNIVERGE IP-PBXと連携する「Extension Power 1.2.0」を販売開始

株式会社トランス・アーキテクト 2015年08月03日 08時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015/08/03

株式会社トランス・アーキテクト

8月17日より販売開始となる「Extension Power 1.2.0」はNEC UNIVERGE Aspire UX/SV9300/SV9500と連携しオフィス電話の取り巻く環境をシンプルで便利に、且つパワフルにレベルアップさせるCTIビジネスコラボレーション・サーバです。

株式会社トランス・アーキテクト(所在地:東京都港区、代表取締役:中西俊光)は、NEC UNIVERGE Aspire UX/SV9300/SV9500 と連携するCTIビジネス・コラボレーションサーバ「Extension Power Version 1.2.0」を2015年8月17日(月)より販売開始致します。
Version 1.2.0では UNIVERGE IP-PBXとのCTI連携に加え、利用者の在席ステータスの表示や更新を実装致しました。

近年、アメリカ発ユニファイド・コミュニケーションの考え方によりスタッフの状態をソフトウェアにて一覧化する傾向があります。
しかし、PCだけでなくスマートフォンやタブレット等の多様なデバイスにおける「オンライン」表示は該当スタッフが必ずしも在席しているとは限らず、PCのみならず外出先でのスマートフォン状態を示す場合もあり、運用が複雑化しています。

Extension Powerでは、ステータス種別は「在席」、「離席」、「会議」、「外出」、「取込中」のみ選択可能です。
在席ステータスは利用者がPCを起動、復帰することにより自動的に「在席」となり、スクリーンセーバーやロック状態になると自動的に「離席」となるため、
「在席」なので内線電話で連絡を取る。「離席」または「外出中」なのでEメールにて用件を伝える。といった「日本的感覚」の在席ステータス運用を実現します。

また、外出先よりスマートフォンを使用してステータスを変更することもできるため、在席ステータスの精度を向上させることが可能となり、その瞬間における適切なコミュニケーション手段を即座に判断できるようになりました。

▼Extension Power製品サイト: リンク


■ストレスなく社内の電話ネットワークをCTI化

社内の内線電話、社外に出かけているスタッフの携帯電話など、オフィス電話を取り巻く状況は複雑化しています。
昨今、複数台の電話とコンピュータを連携するCTI(Computer Telephony Integration)の推進を考える企業も多いようですが、既存の業務システムとは別に新しい仕組みを導入するには、コスト面だけでなく社内システムを複雑化させてしまう要因にもなります。

弊社がこの度リリースする「Extension Power 1.2.0」は、既存の社内ポータルサイトに対して、一切の改修を入れることなくCTI連携機能を取り入れることができるコラボレーションサーバです。
社内ネットワークの既存のポータル画面や電話帳画面から、自動的に電話番号を認識して多機能電話とリンクさせるだけでなく、インターネット上にある、あらゆるWebサイトからも多機能電話とリンクすることが可能です。
Webメールの署名部分やグループウェア、名刺管理システムの持つ電話番号部分を自動認識して電話連携できるため、社内ネットワークをCTI化するためのコストを大幅に削減し利便性を向上させます。

また、当ソフトウェアでは、新しいCTIシステム導入の際に利用者がすぐに使いこなせるように、直感的なマウス操作や、ポップアップによる視覚的に分かりやすい画面構成を採用しました。
他にも主な機能として下記のような特徴が挙げられます。

・多機能電話機をクリックだけで簡単操作
・電話着信時に着信情報をポップアップ通知
・特定電話番号に対する発信禁止
・特定電話番号からの着信拒否
・スマートフォンを使って会社番号から発信 (V字発信機能)
・アドレス帳を統合的に管理
・在席ステータス表示

■いつものブラウザ上で多機能電話の操作ができる

「Extension Power 1.2.0」導入後は、電話番号を調べるために新たに専用システムを開く必要はありません。
Google Chromeブラウザの拡張機能を使って、内線電話機のコントロールができるため、初めて多機能電話に触れるスタッフの方々も簡単にお使いいただけます。
また、社内で電話番号を共有することで、代表電話の発着信履歴情報の共有や、過去に営業でお断りをいただいたお客様の番号といった特定の電話番号に対する発信禁止制御も可能です。
これらのコールコントロールは、社内電話だけではありません。
外出しているスタッフが、手持ちのスマートフォンから電話をかける際にも、会社の代表番号を発信元として電話をかけることができるため、クライアントにアプローチする機会を逃しません。

「Extension Power」はNECの定める相互接続検証に合格し「UNIVERGE CERTIFIED」として認可された製品です。

CERTIFIED製品紹介ページ: リンク

連携するIP-PBX依存の機能差分はほとんどなく、小規模分野ではAspire UXと連携し、中規模分野ではSV9300、大規模としてはSV9500と連携することにより幅広い業務規模の事業所にCTI導入を推進してまいります。

【「Extension Power Version 1.2.0」システム構成】
<対応IP-PBX>
 ・NEC UNIVERGE Aspire UX
 ・NEC UNIVERGE SV9300
 ・NEC UNIVERGE SV9500

<サーバ側>
APサーバ:Apache Tomcat、Java VM
DBサーバ:MariaDB
OS:Windows Server (64bit)
CPU:4コア以上(仮想8コア以上を推奨)
メモリ:16GB以上
HDD:500GB以上
*少数利用ユーザの場合はWindows 7/8 Pro(64bit), Windows 10 Pro, Enterprise(64bit)も使用可能

<クライアント側>
・Google Chrome (Windows、Mac OS、Chrome OS)
・Microsoft Edge (Windows 10)
・Microsoft Internet Explorer 10、11
・Android 4以上のスマートフォンおよびタブレット
・iOS8以上のiPhone 5/5s/6/6PlusおよびiPad


【株式会社トランス・アーキテクトについて】
本社:〒105-0004  東京都港区新橋3-3-14 田村町ビル2F
代表者:代表取締役 中西 俊光
設立:2006年 1月 11日
資本金:1000万円
TEL:03-6240-6170
FAX:03-6240-6171
URL: リンク 
事業内容:
1. サーバプロダクト開発・販売
2. システム、ソフトウェア開発
3. 業務システム開発
4. CTIシステム開発



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。