logo

Apache Sparkを活用したデータ分析基盤「Impulse」が進化、機械学習によるリアルタイム予測分析プラットフォームとしてリリース

ブレインズテクノロジー株式会社 2015年07月31日 10時00分
From PR TIMES

~予測・分析機能の強化とAWS環境への導入に対応~

 革新的なオープン技術で企業知の創造を支援するブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:齋藤佐和子)は、データ分析基盤として提供している「Impulse」を機能強化し、リアルタイム予測分析プラットフォームとしてリリースします。
 最新版では、機械学習エンジンによる予測・異常検知のリアルタイム処理、大規模データのバッチ処理、インタラクティブな分析を行うOLAP機能を統一したプラットフォームで提供することにより、IoTデバイスから出力される大量のセンサーデータを用いた故障予測や、ITシステムやNW機器のリソースデータを用いた障害予兆検知などを実現します。
 また、分散処理フレームワークの「Apache Spark」に加え、新たにアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)環境への導入に対応。ストリーミング処理からデータ蓄積、大規模データの分散処理といった一連の処理を、Amazon KinesisやAmazon Elastic MapReduce等といったスケーラビリティを備えた各種AWSサービスを活用することにより、迅速かつ安価に大規模データ分析環境の提供を実現します。



◆背景と概要
 企業活動において発生するデータは増大し続ける中、企業の競争力を強化するためにデータ分析の重要性が高まっています。様々な分析ツールが提供されている一方で、複雑化するビジネス課題を解決するためには、大規模化・多様化するデータに対して、高速かつ高度な分析が求められています。
 そこで、ブレインズテクノロジーは、Apache Sparkを活用した大規模データ分析基盤「Impulse」において、機械学習によるリアルタイム予測・分析機能を強化した最新版をリリースします。

 Impulseの基盤は、ログ収集や、高速なデータ分析の分散処理フレームワーク、全文検索エンジンといった各種オープンソース(fluentd、Apache Spark、elasticsearch等)と、それらを企業用途で利用するための当社独自の拡張モジュールやプラグインによって、各種コンポーネントの連携と最適化を実現しています。最新版では、これまで提供してきた大規模データのバッチ分析機能に加え、機械学習エンジンによる予測・異常検知のリアルタイム処理やアドホックな分析に対応するためのOLAP等の分析機能を強化することにより、様々なビジネスシーンに活用可能な「リアルタイム予測分析プラットフォーム」を提供します。

 さらに、オンプレミス環境への導入に加え、AWS環境への導入にも対応しました。Amazon Kinesisを利用したデータストリーミング処理、Amazon DynamoDBやAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)といったストレージへのデータ蓄積、Amazon Elastic MapReduce(Amazon EMR)による大規模データ分散処理など、データ分析基盤に求められるスケーラビリティと高速処理をAWSの各種サービスを利用して実現しています。
 AWS環境に対応することで、AWSの各種サービスのログデータ(Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、その他各種サービスのログ:Amazon S3、Amazon EMR等)を分析対象として扱うことが容易となり、システムリソースの最適化やセキュリティ、パフォーマンス改善を目的としたデータ分析が実現できます。

◆サービスの利用シーン
 ○IoTデバイスからのセンサーデータを用いた各種設備や製品の故障予測
 ○ITシステムのログデータ、リソースメトリクスを用いたシステム障害予兆検知
 ○ITサービスにおけるアクセスログ等を用いたパフォーマンス低下の異常検知
 ○ユーザーPCの端末操作ログや社内共通基盤へのアクセスログを用いた情報漏洩不正操作検知
 ○センサーやカメラデバイスからの画像データを用いた行動分析、など
[画像: リンク ]

◆リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」の機能と特徴
 ○多様なデータのリアルタイム収集・蓄積
 ○各種ログデータ、リソースメトリクス、センサーデータ等、様々なデータ収集・構造化に対応
 ○リアルタイムに収集したストリーミングデータをAmazon S3にアーカイブとして蓄積
 ○機械学習によるリアルタイムなデータ分析
 ○リアルタイムに収集したデータに対して、機械学習アルゴリズムを利用した深い分析が可能
   * 変化点検出、相関分析、時系列解析
   * クラスタリング
   * テキストマイニング(テキスト要約・文言抽出)
   * 回帰分析(需要予測)
 ○リアルタイム分析とアドホック分析
   * データ分析に必要な様々な統計・集計関数が利用可能
   * データ分析のSQLクエリを用いて、リアルタイムでも、アドホックな分析でも実行可能

◆Impulseを活用したデータ分析サービスについて
 ブレインズテクノロジーでは今後、リアルタイム予測分析プラットフォーム「Impulse」を活用して、ビジネス価値の創造またはビジネス損失の低減に寄与する様々なサービスを開発、提供していきます。
 今後重要性を増してくるITシステムの統合的なログデータ管理サービス、システム障害予兆検知サービス、セキュリティの異常検知サービスや、普及を加速させるIoTデバイスのセンサーデータを用いた故障予兆検知サービスなど、順次提供サービスを拡大していきます。

<ブレインズテクノロジー株式会社について>
 ブレインズテクノロジーはAI(Artificial Intelligence:人工知能)分野の技術を軸に、先端オープンテクノロジーを活用したITサービス(機械学習技術を活用した大規模データ分析基盤、検索エンジン)をエンタープライズ企業向けに提供しています。
 企業知の創造を支援する想いを込めて、2012年3月に「Enterprise Intelligence(エンタープライズ・インテリジェンス)」を商標登録(第5472937号)しています。

 名称  :ブレインズテクノロジー株式会社
 代表者 :代表取締役 齋藤 佐和子
 設立  :2008年8月8日
 URL  :リンク

※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon DynamoDB、Amazon EMR、Amazon Kinesis、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Amazon S3およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Apache Sparkは、Apache Software Foundationの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。