logo

第1回「歯が命アワード」初代受賞者は、荒川静香さんに決定!

株式会社サンギ 2015年07月31日 10時47分
From Digital PR Platform


薬用ハイドロキシアパタイト配合の美白歯みがき剤「アパガード」で知られる株式会社サンギ(本社:東京都中央区、代表取締役:佐久間周治)は、8月1日を一般社団法人 日本記念日協会認定の「歯が命の日」として制定したことを記念して、「歯が命アワード」を創設いたしました。第1回目の受賞者をプロフィギアスケーターで、オリンピック金メダリストの荒川静香さん(プリンスホテル)に決定し、本日7月30日に都内で表彰式を行いました。

「歯が命の日」は、「アパガード」のTVCMでも使用してまいりましたコピー「芸能人は歯が命」にちなんで制定いたしました。
「歯が命アワード」は、「健康的で美しい歯」をもち、職業や生き方においても輝いている方を表彰することで、一般の皆様にも「健康で美しい歯」について考えていただきたいと開催いたしました。

表彰者は、株式会社サンギ、女性誌等で活躍するメイクアップアーティスト山本浩未氏らによる「歯が命アワード選考委員会」が、現役の歯科衛生士100名の意見を参考にしながら選考いたしました。

第1回目となる今回は、歯科衛生士100名へ調査した結果、“健康的” ”白くてきれい” “きれいな歯並び”などの観点で高評価を得
たこと、母親でありながらプロフィギュアスケーターとしても輝かしく活躍していらっしゃること、演技中の歯を含めた口元の印象や笑顔が
素敵であることなどの理由から、荒川さんに決定いたしました。

表彰式で、荒川さんは「毎日の歯みがきは鏡を見ながらしっかり行い、みがき終わった後は舌でツルツル感を確かめるようにしている」と日頃の歯のケアについて語りました。また生後8ヶ月になる長女に乳歯が生え始めたことを紹介し、「キレイで真っ白な歯なのでこのまま維持させてあげたい」とコメント。育児中の母親らが赤ちゃんが反り返った姿勢で仕上げみがきをすることを「イナバウアー歯みがき」と呼んでいることについて、「娘の歯みがきはまだしていないのですが、娘は友人たちに『遺伝?』と言われるほどイナバウアーの体勢をよくやっています。『歯みがき=嫌なもの』にならないよう、大好きなイナバウアーの体勢を取り入れてやってみたいですね」と話しました。

また「歯が命の日」当日となる8月1日には、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の全国5都市で、美白歯みがき剤「アパガード」の1万人サンプリングを行います。むし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されるアパガード商品をお試しいただき、「健康で美しい歯」への意識を強めていただく機会にしていただければと存じます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。