logo

山脇学園のイングリッシュアイランドで、米国の女子大学生を招いてのエンカレッジプログラムがスタート

大学プレスセンター 2015年07月31日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

国際社会で活躍する志を育てる山脇学園の施設「イングリッシュアイランド」で、8月にアメリカ名門女子大学の学生を招いてのエンカレッジプログラム「YGEP(ヤマワキ・ガールズ・エンカレッジ・プログラム)」を実施する。


 国際社会で活躍する志を育てる英語コミュニケーション施設「イングリッシュアイランド」を拠点とした教育プログラムが、ますます充実している。

 8月3日(月)には、アメリカ名門女子大学スミスカレッジとウェルズリーカレッジから10名の女子大生を招いて、5日間の「YGEP(ヤマワキ・ガールズ・エンカレッジ・プログラム)」を実施する。これは、アメリカの女子大学生のリーダーとともに、ケーススタディやディスカッションを行い、説得力のあるコミュニケーション力とともに、自分の未来を切り拓く勇気や国際社会でのリーダーシップや、女性の力と生き方を考えるプログラム。

 同プログラムの女子教育版は日本で初めてということもあり、中学3年~高校2年の希望者による参加生徒たちも、大いに楽しみにしている。

▼本件に関する問い合わせ先
 山脇学園中学校・高等学校
 TEL: 03-3385-3911(代表)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。