logo

『不登校 ひきこもり こころの道案内』出版記念講演会を8月30日に東京で開催

学びリンク株式会社 2015年07月30日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015/7/30

学びリンク株式会社

不登校・ひきこもりの若者と向き合う家族のための講演会・新刊書籍

不登校支援・通信制高校紹介などの専門出版社「学びリンク」(本社:東京千代田区 代表:山口教雄) リンクは、『不登校 ひきこもり こころの道案内 ~今日からできる具体的対応法~』(金馬宗昭著 2015年7月刊行)の出版を記念し、8月30日(日)にアルカディア市ヶ谷(東京・市ヶ谷)にて出版記念講演会を開催します。

【出版記念講演会】
地元・大阪での好評を受け、初の東京開催が決定
『「我が子の不登校、ひきこもり。いつまで続くの?」
自立へ向かうための手助け こころの道案内』

通信制高校の教頭先生として不登校だった子どもたちの成長を手助けし、また自らもひきこもりをしていた経験も踏まえ出版した『不登校 ひきこもり こころの道案内 ~今日からできる具体的対応法~』 リンクの金馬宗昭さんが講演者を務めます。不登校・ひきこもりの子どもたちの内面に切り込み、「こうしたサポートがあればこのように動ける」という方法を具体的にお伝えします。
今年6月に同内容の講演会を大阪で開催し、「とてもリアリティがあり、どの言葉もとても胸にしみました」「家に帰って、子どもに優しくできます」等のご感想をいただきました。ご好評にお応えし、初の東京開催となりました。

日時:8月30日(日) 14:00~16:00
会場:アルカディア市ヶ谷 5F 穂高(東京都千代田区九段北4-2-25 各線「市ヶ谷」駅より徒歩2分)
定員:100名(参加費無料)
申込方法:TEL03-5226-5256もしくはリンクからご予約ください。
主催:学びリンク株式会社

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【講演者 金馬宗昭の新刊書籍】
20代で挫折とひきこもりを経験し、
不登校の子どもたちを導いてきた元教頭先生が伝えてきたこと
リンク" target="_blank">『不登校 ひきこもり こころの道案内 ~今日からできる具体的対応法~』

不登校やひきこもりになり、行動する力を失ってしまった人には、その時々に応じた対応が必要です。段階に応じ、信じて待つ時もあれば、待っていても仕方が無いときもあるのです。作中では「青信号」「黄信号」「赤信号」に段階を分け、わかりやすくシンプルに解説してゆきます。
著者の金馬宗昭さんは、20代の頃、非常勤の教員をしながら教員試験にチャレンジする若者でした。しかし全力を尽くした教員採用試験に不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活を経験することになります。その後、社会復帰し、通信制高校の教頭先生になって不登校の子どもたちのサポートに打ち込みます。やがて「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで独立し、現在に至ります。
本作では自らのひきこもり経験を交え、不登校・ひきこもりの若者が自立のために必要としているノウハウを語ります。


■著者:金馬 宗昭 
「不登校 ひきこもり こころの相談室すずかげ教育相談所」所長・カウンセラー
■発行:学びリンク
■定価:1600円+税
■ISBN:978-4902776959
■体裁:四六判510ページ
(担当:編集部 中村文)

【著者プロフィール】
「不登校 ひきこもり こころの相談室 すずかげ教育相談所」(京都府長岡京市)所長。中学生から成人以上まで幅広く相談を受け、生活的・経済的自立へと導いてきた経験を持つ。1969年大阪府生まれ。奈良大学を卒業後、京都の公立・私立高校にて教員採用試験の準備と並行し講師生活を経験。しかし全力を尽くした教員採用試験の不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活に陥る。
1998年から通信制高校サポート校勤務、2008年から通信制高校教頭職を精勤。2014年に「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで教頭職を辞し、「不登校 ひきこもりこころの相談室 すずかげ教育相談所」を設立。2015年、著書『不登校 ひきこもり こころの道案内』を上梓。家庭では一男一女の父。趣味は、スポーツ観戦と釣り。
「不登校 ひきこもり 心の相談室 すずかげ教育相談所」
HP:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。