logo

デジミホとパイプドビッツ、プライベートDMPのパーソナライズメール配信機能を「スパイラル(R)」により強化 ~「R∞(アール・エイト)」と「スパイラル(R)」が連携開始~


 株式会社デジミホ(本社:東京都千代田区、代表取締役:加來幹久、以下「デジミホ」)と、株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、デジミホの提供するパーソナルマーケティングオートメーションツール「R∞(アール・エイト)」が、パイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」と連携することにより、セキュアで効率的なパーソナライズメール配信機能を強化しましたので、お知らせいたします。


■1.概要

 「R∞(アール・エイト)」と「スパイラル(R)」の連携により、取り扱う個人情報は堅牢な「スパイラル(R)」にて管理し、「R∞(アール・エイト)」にて顧客の属性や状態に最適化された幅広いパーソナライズメールの配信管理をすることで、効果的に実践できるようになりました。

今回の連携により強化された主なポイントは、
(1)メール配信回数、配信通数によるコスト増を気にせずにキャンペーンシナリオの設計ができる。
(2)プライベートDMP導入時に注視する、メールアドレスなどの個人情報を安全、安心に管理。
(3)メール配信運用は「R∞(アール・エイト)」の管理画面のみで完結。
以上の3点となります。

 詳細については、パイプドビッツのオムニチャネル実践研究所Webページにて、サービス連携の経緯、連携以前に抱えていた課題、導入効果など、詳細なインタビュー記事を紹介しています。

▼オムニチャネル実践研究所 サービス連携:株式会社デジミホ
 リンク


■2.背景と目的

 「R∞(アール・エイト)」は、既存顧客の売上アップを実現するパーソナルマーケティングプラットフォームとのビジョンを掲げ、ロイヤルカスタマーの育成に必要な機能を一気通貫で提供しています。顧客情報を活用するサービスをクライアント企業により安心してお使いいただくために、セキュリティ向上を推進するにあたり、個人を特定できる情報は「スパイラル(R)」で管理する設計のシステム連携を開始しました。セキュリティにとどまらず、「スパイラル(R)」の定額料金体系により、例えば会員数が少なく特定の会員に何度もメールを配信したい会員サービス企業などでは、コストメリットも享受できるようになりました。
 「スパイラル(R)」は、セグメント機能はすでに実装されていますが、顧客ごとにメール文面を最適化するレコメンドメールや、メールの既読やWebへの遷移状況などの複雑な条件分岐を持つキャンペーンシナリオ設計をするには、手間が生じていました。「R∞(アール・エイト)」との連携により、顧客マスタはそのままに、手間なくマーケティングオートメーション導入が可能になりました。


■3.今後の展望

 両社は、両サービスの発展に向けた営業協力によって得られた知見を共有しながら、それぞれの事業特性を活かし、クライアント企業やエンドユーザーにご満足いただけるよう、価値ある商品・サービスの創造に積極的に取り組んでまいります。


■4.「R∞(アール・エイト)」とは

 「R∞(アール・エイト)」はお客様企業のサードパーティーデータを一元管理・分析し、顧客の嗜好性、優良度を見える化します。見える化されたセグメントに合わせて、「最適なタイミング」と、メール・ディスプレイ広告・WEBサイト・スマホアプリなど「多様なチャネルを使った施策」を掛け合わせ、コミュニケーションシナリオを設計します。顧客一人ひとりに最適化されたコンテンツを提供し、精度の高いパーソナルマーケティングで見込み客を効率よくリピーター客に引き上げるためのコミュニケーションプロセスをワンストップで支援します。売上に直結するマーケティングオートメーションを実現するツールです。
リンク


■5.「スパイラル(R)」とは

 「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
 なお、「スパイラル(R)」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。
リンク


■6.株式会社デジミホ 概要

 デジミホは、デジタル時代における企業のマーケティングコミュニケーション活動の、全体戦略策定から一つ一つのプランニング、実施、検証、改善までPDCA運用を行うことで、企業の持続的な成長をサポートするマーケティング会社です。
 2010年には、eマーケティングカンパニーのオプトのグループとなり、“プロモーション”から“CRM”までの戦略立案からPDCA運用を軸に、デジタルマーケティングにおけるコンサルティングを展開しております。

・WebサイトURL: リンク
・本社所在地:東京都千代田区四番町6 東急番町ビル9F
・代表者:代表取締役 加來 幹久
・資本金:1億円(2015年6月末現在)
・事業内容:マーケティングコミュニケーション事業、インテグレーションサービス事業


■7.株式会社パイプドビッツ 概要

 官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」をはじめ、情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供するパイプドビッツは、「情報資産の銀行」というビジョンを掲げ、顧客情報や製品情報、従業員情報、会計情報など、現代社会で最も重要な資産のひとつである「情報資産」を、インターネットを通じてお客様から安心・安全な環境でお預かりし、有効活用していただくサービスを展開しています。

・WebサイトURL:リンク
・本社所在地:東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル(受付2F)
・代表者:代表取締役社長 CEO 佐谷宣昭
・資本金:504,669千円 (2015年2月末現在)
・事業内容:情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業



■ 本件に関するお問い合わせ先
 株式会社デジミホ
 経営企画推進部 担当:金刺
 TEL:03-3512-5525 FAX:03-3512-5526
 E-mail :press_digimiho@ml.digimiho.co.jp

 株式会社パイプドビッツ
 オムニチャネル実践研究所 担当:児玉
 TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
 E-mail :omni@pi-pe.co.jp



■ 報道関係者様お問合せ先
 株式会社デジミホ
 経営企画推進部 金刺
 TEL:03-3512-5525 FAX:03-3512-5525
 E-mail:press_digimiho@ml.digimiho.co.jp

 株式会社パイプドビッツ
 経営企画室 広報担当:立花
 TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
 E-mail :pr@pi-pe.co.jp

※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。