logo

なみはやドームのネーミングライツを取得 10月1日より「東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム」へ

東和薬品株式会社 2015年07月29日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年7月29日

東和薬品株式会社

大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)のネーミングライツを取得
10月1日より「東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム」へ

 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)は、大阪府が公募していました大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)のネーミングライツを取得することとなりましたので、お知らせいたします。
 施設の新たな愛称は「東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム」となる予定です。この名称は、当社の社名と、当社が目指す飲みやすい工夫と高い品質のジェネリック医薬品を作るための代表的な技術であるRACTAB技術を組み合わせております。
 大阪府立門真スポーツセンターのある大阪府門真市には当社の本社・研究所・工場などがあり、当社との関係が深い地域です。今回ネーミングライツの募集を行っていることを知り、微力ながら地域貢献につながるのではと判断し、応募いたしました。
 今後、「東和薬品RACTABドーム」とともに、施設周辺地域の皆様や施設をご利用される皆様に当社が飲みやすい工夫と高い品質のジェネリック医薬品の開発を目指していることを認知して頂き、さらに信頼される企業となることを目指してまいります。

≪ネーミングライツ取得概要≫
施設名称:大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)
所在地:大阪府門真市三ツ島3丁目7-16
愛称名:東和薬品RACTABドーム
契約予定金額:年額1,000万円
契約予定期間:2015年10月1日(予定)から5年間

≪東和薬品のRACTAB技術について≫
 RACTAB(Rapid and Comfortable Tablets)技術とは、水なしで口の中で溶けるOD錠(口腔内崩壊錠)をつくるための当社独自の製剤技術であり、「とけやすさ」と「硬さ」という相反する性質を高いレベルで両立させることで患者さまの飲みやすさと医療関係者の扱いやすさを実現させています。
さらに苦味マスキングなどの機能性を付加することで、口の中で溶けた時に苦味を感じにくくしているほか、さまざまな医薬品への汎用性が高いことが特長です。
 これらの特長がデザインとしても評価され、2012年、RACTAB技術は医薬品の製剤技術として初めてグッドデザイン賞を受賞いたしました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事