logo

ラティスセミコンダクター社と販売代理店契約を締結

東京エレクトロン デバイス株式会社 2015年07月28日 11時00分
From PR TIMES

~超低消費電力・世界最小クラスのプログラマブルロジックデバイスと、最新規格対応の映像機器向けインタフェースICなどを提供開始~

東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED) は、Lattice Semiconductor Corporation(本社:米国 オレゴン州、CEO:Darin G.Billerbeck、以下ラティスセミコンダクター社)と販売代理店契約を締結し、世界最小クラスのサイズで圧倒的な低消費電力を誇るFPGAやHDMI/MHL対応の画像インタフェースIC などの取り扱いを開始いたします。



[画像1: リンク ]

■ラティスセミコンダクター社について
1983年に設立したファブレス半導体メーカーで、モバイル端末を中心とする民生機器市場や産業機器、通信機器など広範囲な市場に超低消費電力プログラマブルロジックデバイスを多数提供する、スマートコネクティビティソリューションのグローバルリーダーです。2011年12月にFPGA(Field-Programmable Gate Array)メーカーのシリコンブルー・テクノロジーズ社、2015年3月には映像機器向けインタフェースICメーカーのシリコンイメージ社を取得することにより、製品ラインアップの強化をはかっています。


シリコンイメージ社が所有する映像機器向け高速映像伝送用インタフェース規格のHDMI、MHLは世界中で多数の民生機器に採用されており、業界規格の作成・推進においてリーダーシップを有しています。その他にも研究開発の成果である数々の特許を取得しており、新たな市場を築く技術革新のリーダーとして市場での優位性を発揮しています。
URL:リンク

■ラティスセミコンダクター製品について
プログラマブルロジックデバイス製品:
MIPI(Mobile Industry Processor Interface)などの多様なコネクティビティに対応した最大150K LUT(Lookup Table)までのECPファミリ、不揮発性のMach XOファミリに加え、USB Type-Cに対応した、世界最小クラス(1.409 mm ×1.409 mm)で業界トップクラスの超低消費電力をほこるiCE40ファミリなどのFPGA製品 とCPLD(Complex Programmable Logic Device)、プログラマブル電源管理デバイスなどを幅広く展開しています。

映像機器向けインタフェース製品:
HDMI、MHLなど、モバイル端末や4Kディスプレイなど、小型・高速・高画質が求められる映像機器のインタフェースに最適な製品群を有しています。ユーザーは最新のインタフェース規格に対応した高付加価値製品の開発を柔軟かつ効率的に行うことができます。

■ラティスセミコンダクター製品一覧
リンク

■ラティスセミコンダクター製品活用イメージ
[画像2: リンク ]

TEDは、ラティスセミコンダクター社の柔軟性に優れた多機能・高効率デバイスを、FPGA市場で長年にわたり着実に築き上げた高度なサポート力とともにお客様に提供いたします。民生機器市場や産業機器、通信機器などの幅広いマーケットに向けて、2017年度までに50億円の売上を目標に販売を行っていきます。


【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:リンク

<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室  堀田・福井
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム リンク

<本製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 インダストリアルソリューション1部 冨永
Tel:045-443-4421、Fax:045-443-4062
お問い合わせフォーム:リンク

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。