logo

ゾーホー、「Zoho Forms」をリリース~ モバイルデバイスからフォームを作成・共有、安全にクラウドへバックアップ ~

利用ユーザー1,300万人を越えるクラウドサービス群「Zoho」シリーズを提供するゾーホーコーポレーションは、2015年6月30日(米国時間)に、プログラマーでなくてもモバイルやウェブ上で簡単にフォームを作り共有できる、直観的なクラウドアプリケーション「Zoho Forms(ゾーホー フォームズ)」を発表しました。Zoho Formsを利用すれば、ユーザー登録の情報や、注文受付、アンケート調査など、モバイル端末やウェブブラウザから簡単に情報を収集することができます。データはセキュアなクラウドサービス上に保存され、どのデバイスからでも安全に利用できます。

Zoho Formsは、モバイル利用に最適となるようにデザインされています。営業職やサービス業、配送業など、外出先で仕事をすることが多いモバイルワーカーにとって特に有用で、顧客から収集したデータを手元のモバイルデバイスから直接クラウドに保存することができます。また、iOSとAndroidに対応するZoho Forms のアプリは、オフラインでも、フォームの作成やデータの収集が可能です。このユニークで柔軟性の高い機能により、倉庫や物流センター、インターネット環境が整っていない遠隔地など、様々なシーンでその威力を発揮します。作成したフォームや収集したデータは、デバイスがオンラインになった時に同期されます。

ゾーホーコーポレーションのエヴァンジェリストであるラージュ・ヴェゲスナ(Rahu Vegesna)は、「Zoho Formsは、ウェブとモバイルデバイスのどちらにおいても多彩な機能を提供できます。優れたフォーム作成ツールとは、3つのことができるものだと考えています。1つ目は、プログラム開発者でなくても、カスタムフォームを柔軟に、簡単にカスタマイズできる事、2つ目は、承認などのワークフローの仕組みを簡単に作成できる事、最後は他のビジネスシステムとシームレスに統合できる事です。Zoho Forms は、これら3つの要素に焦点を当て開発しました。」と述べています。

Zoho Formsについての動画をYouTubeにて公開しています。
リンク
【Zoho Formsの主要機能】
Zoho Formsは、ユーザーがモバイルデバイス上でフォームを作成してクラウド上にアップロードし、どこからでもアクセスすることを可能にする、業界初のアプリケーションです。特に重要な機能は以下の通りです。

l 簡単な操作性:
プログラミング経験は必要ありません。フォームビルダーに入力フィールドをドラッグ&ドロップするだけで、簡単にフォームを作成することができます。オフライン環境でもフォームの操作ができ、オンライン時に自動で同期されます。フォームのデザインに自社のロゴやブランドイメージを反映するようなカスタマイズも簡単にできます。

l コラボレーション:
充分にシンプルな操作性を有している一方、Zoho Formsは業務フロー全体を調整する機能により、複雑なビジネス用途にも対応できます。フォーム登録を完了すると、特定のルールに基づいて、特定のユーザーに対しタスクを割り当てたり、通知メール送信することができ、ビジネスプロセスを円滑に進め、自動可することができます。フォームに登録されたデータに対して、許可や承認処理を行うこともできます。


l インテグレーション:
Zoho Formsは、他のソフトウェアアプリケーションと密に連携します。例えば、MailChimp や Zoho キャンペーンのようなメールマーケティングのソフトウェアや、Google スプレッドシートのようなアプリケーション、Zoho CRM や Zoho Support のような顧客サービス用のアプリケーションに対応しています。Zoho Formsは、顧客データを収集しそれを他のアプリケーションに連携する、フロントエンドで使い勝手の良いツールとして利用できます。

Zoho Formsは、Google Apps Marketplaceでも入手可能です。

【Zoho Forms の利用金額】
Zoho Formsは、1ユーザー最大3つのフォームまで無料です。有料プランも、以下のプラン内容で今すぐ利用できます。

ベーシックプラン:$10 /月/1ユーザー
スタンダードプラン:$25 /月/10ユーザー
プロフェッショナルプラン:$50 /月/25ユーザー

※本資料は、6月30日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
リンク


クラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」について:
<URL:リンク
「Zoho CRM」は、世界中で5万社以上の導入実績があるクラウド型顧客管理・案件管理サービスです。導入に必要な初期費用は不要で、ユーザー登録のみで開始できます。最安プラン(月換算1,440円)でも標準的なSFA・CRM機能を取り揃えているため、乗り換えによってライセンス料金を減らすなど、企業のコスト削減施策としても活用されています。現在、「Zoho CRM」無料版は、10ユーザーまで利用可能です。

ゾーホージャパン株式会社について:
<URL:リンク
ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界2万5千社の有力企業で採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界10万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で1,300万人を超えるユーザーに利用されています。

<お問い合わせ先 >
本ニュースリリースに関するお問い合わせ:
Zoho PR センター(アクティオ内) 栗原、増田、東
TEL:03-5771-6426 E-mail: zoho-pr@actioinc.jp

Zoho サービスに関するお問い合わせ:
ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部
TEL: 045-319-4614 E-mail: sales@zoho.jp






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事