logo

KLab、モバイルゲーム開発SDK「KG SDK」の提供開始

KG SDKとは

「エンジニアが使いやすい」をコンセプトに、各種ゲーム共通で必要な機能をまとめたソフトウェア開発ツールキットです。ゲーム開発の際、どのゲームでも必要な機能は開発済みのライブラリであるKG SDKを活用することにより、スクラッチから開発するのはそのゲームに特有の機能だけになります。これによって、開発スケジュールの短縮、開発コストの削減、開発品質の安定といった効果を期待できます。

モバイルゲームの開発難易度と開発規模は年々上昇しており、開発コストの上昇、開発期間の長期化といった課題が発生しております。それに対応すべく、KLabはゲーム自体の開発と並行して KG SDKの開発に注力してきました。現時点で数多くの種類のライブラリやシステムが既に社内では稼働し始めています。

開発パートナーとは

KLabはこれまで、開発からパブリッシング、プロモーションまでを自社で一貫して行ってまいりました。今後は自社開発に加え、パートナー様が開発したゲーム、パートナー様とKLabで共同開発したゲームをKLabにてパブリッシング、プロモーションを行うというモデルを拡大して行く計画です。

元来KG SDKは、社内での利用を前提として開発していましたが、開発パートナー様の募集を拡大していく為に、今回開発パートナー様への提供を開始しました。ご利用頂けるKG SDKのライブラリやシステムは年内に順次拡大予定です。


今回提供する KG SDK の機能について

ストア課金処理ライブラリ

App Storeの In-App Purchase、Google Play の In-App Billing を利用してアプリ内課金を行う際に共通で必要となる機能をまとめたサーバサイド、クライアントサイドのライブラリです。アプリ内課金で必要となる、購入情報の検証や一般的なチート行為への対策について、KLabのこれまでのモバイルゲームの開発・運営経験に基づいた機能を提供します。

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。