logo

低圧向け太陽光発電遠隔モニタリングシェアNo.1 サービス“エコめがね”が出力制御に対応

株式会社NTTスマイルエナジー 2015年07月27日 15時00分
From PR TIMES

PV JAPAN 2015 に出展

株式会社NTT スマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、以
下、NTT スマイルエナジー)は、このたび太陽光発電の出力制御と遠隔監視サービスの一
体化を図るため、新たに“エコめがね”全量モバイルパックに、「“エコめがね”全量モ
バイルパックパワコン接続タイプ」(以下、「モバイルパックパワコン接続タイプ」)を
追加し、PV JAPAN2015 に出展する事をお知らせいたします。

【背景】
東京電力、中部電力、関西電力以外の電力会社管内においては、2015 年4 月から太陽光
発電設備に出力制御機能が備わっていることが設備認定の条件となります。また、既に設
備認定を取得している設備においても接続協定の条件となっている電力会社エリアがあり
ます。
これに対応するためには、遠隔監視など他のサービスとは別に、出力制御に対応したパ
ワーコンディショナ(以下、「パワコン」)及び、制御機器の導入や、通信手段の検討な
どが必要となり、設備導入時の負担となりつつあります。
【出力制御対応について】
これらの課題に対し、モバイルパックパワコン接続タイプは、パワコンシェアナンバー
ワンのオムロン製パワコン1.を対象に、通信回線付き遠隔監視装置の中に発電制御機能を
内蔵し、オールインワンパッケージとして提供いたします。
制御の詳細については電力会社にて検討がなされていますが、これが決定次第、出力制
御機能の自動ファームウェアアップデートにより対応いたします。
なお、アップデートには、追加費用が不要なほか、設置現場での作業、追加機器の設置
を行っていただく必要はございません2.。
オムロン製以外のパワコン対応については、パワコンメーカ様と協議のうえ、順次対応
していく予定です。
【モバイルパックパワコン接続タイプの特徴】
(1)発電異常診断機能の強化
近年のパワコンは、機能の高度化に伴い様々なエラーを検知することが可能です。
その反面、これらのエラー情報をすべて受け取ると、その情報が発電異常に結びつくも
のなのかを判断するために、膨大な労力を費やすことになってしまいます。
モバイルパックパワコン接続タイプは、2 万設備以上の見守り実績により培った運用ノ
ウハウを活用し、効果的かつ効率的な発電異常検出を可能としながらも、シンプルで扱い
やすいエコめがねの特徴を保持したサービスを実現し、今まで以上に、太陽光発電設備販
売会社様による、効果的な設備の見守りを支援いたします。
(2)パワーコンディショナへの直接接続
モバイルパックパワコン接続タイプでは、1 台から12 台のパワコンにRS485 通信で直接
接続することにより、パワコンが計測した電力量情報を取り込むことが可能です。
これにより、あらゆる規模の低圧設備への対応や、パワコン増設への対応などが、本機
器1台で完結いたします。
【発売時期・価格】
モバイルパックパワコン接続タイプは、2015 年10 月の発売を予定しております。
価格や詳細の仕様については2015 年9 月に決定予定です。
【モバイルパックパワコン接続タイプシステム構成】
モバイルパックパワコン接続タイプに含まれる主な機器は下記の機器となります。
・新型エコめがねセンサ
・3G ルータ
・電源タップ
・サーキットブレーカー
【今後の展開】
今後、分散型電源のさらなる普及や電力小売自由化、温暖化対策による一層の省エネ推
進など、電力流通を取り巻く環境は大きく変化していくことが予想されます。
このたび発表させていただくモバイルパックパワコン接続タイプの中核機器である新型
エコめがねセンサは、蓄電池やスマート家電等との接続・制御はもとより、クラウドとの
連携を前提としたサービス提供基盤として開発されております。
今後、本サービス提供基盤を活用し、世の中のニーズを先取りした形で利便性の高いさ
まざまなサービスを提供してまいります。
【PV JAPAN出展概要】
「開催場所」東京ビッグサイト
「出展ブース位置」西1・2 ホール P1-308
「開催期間」7 月29 日(水)~7 月31 日(金)10:00~17:00
展示会入場券のダウンロードは下記より可能です
リンク
展示会ホームページ
1. 対象型式はKP□K2-A、KP□M-A、KP□R-A となります。
2. パワーコンディショナの出力制御機能に限り、追加費用と機材は不要です。
-

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。