logo

中央大学が9月3日に「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」を開催 -- 農林水産省委託プロジェクト研究成果報告会

中央大学 2015年07月24日 08時05分
From Digital PR Platform


中央大学研究開発機構は9月3日(木)に「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」を開催する。これは、農林水産省委託プロジェクト研究である「地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト/微細藻類を利用した石油代替燃料等の製造技術の開発」の研究成果を発表するもの。また、当日は株式会社IHI、電源開発株式会社、株式会社ユーグレナの3名の研究者による特別講演も行われる。定員200名、要事前申し込み。


 バイオマスを利用した石油代替燃料等の開発・利用は、地球温暖化問題を背景に世界各国で進められており、バイオマス資源のなかでも食用農作物等と競合しない微細藻類に期待が集まっている。

 中央大学理工学部教授原山重明を中心とした中央大学研究開発機構研究ユニットは、日本国内の企業・大学とコンソーシアムを形成し、農林水産省の委託事業「地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト/微細藻類を利用した石油代替燃料等の製造技術の開発」を平成24年度より実施している。

 このたび、同事業の成果報告の一環として、「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」を開催する。研究成果の発表のほか、微細藻類の産業利用をめざし、先進的な研究開発を実施している企業3社(株式会社IHI、電源開発株式会社、株式会社ユーグレナ)による特別講演が併せて行われる。また、同じ建物で並行開催される「クラミドモナス研究会」との合同ポスターセッションも企画され、微細藻類のバイオマス利用に関わっている研究者間の交流を図る。

 概要は下記の通り。

◆「微細藻類バイオマス利用シンポジウム」概要
【日 時】 2015年(平成27年)9月3日(木)10:00~18:20
【場 所】
 中央大学後楽園キャンパス5号館5334講義室
 (〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27)
 TEL: 03-3817-7423
【主 催】 中央大学研究開発機構
【共 催】 農林水産省農林水産技術会議事務局
【内 容】
・講演(3名の研究者の特別講演および成果報告)
・ポスターセッション(微細藻類バイオマス利用に関する研究発表および委託事業の成果報告)
【参 加】定員200名 入場無料(以下URLからの参加申込)
【詳 細】
 添付PDFならびに下記URLを参照
 リンク

▼本件に関する問い合わせ、取材の申し込み先
 今井 文明(イマイ フミアキ)・大宮かさね(オオミヤ カサネ)
 中央大学 研究支援室
 TEL: 03-3817-7423
 FAX: 03-3817-1677
 E-mail: pseudo-c@tamajs.chuo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。