logo

UAE大手ブローカーのMenacorpがクライアント向けにメタトレーダー5を設置

メタクオーツ・ソフトウエア 2015年07月23日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

UAE大手ブローカーのMenacorpがクライアント向けにメタトレーダー5を設置

AsiaNet 61267(0946)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2015年7月23日PRN=共同通信JBN】アラブ諸国の大手ブローカーであるMenacorp(リンク )は、ドバイ金商品取引所(DGCX)でメタトレーダー5(MetaTrader 5)による取引を正式に開始した。Menacorpの顧客は、この汎用プラットフォームのすべての利点を享受して取引所で利用可能な金融商品を売買することができる。

  Logo: リンク

同社の成長は極めて大きく、現在アラブ首長国連邦(UAE)の取引所で第1位のブローカーとして位置づけされている。Menacorpがメタトレーダー5(リンク )の利用開始を決定したことで、同社は最新の取引技術を提供するこの地域ブローカーの立場を強化することになる。

Menacorpのアイマン・アル・サタリ仲買業務担当デピューティーマネジングディレクターは「われわれは素晴らしい未来を持っていると思われるDGCXの会員社であることを喜んでおり、非常に重要で積極的な会員になりたいと願っている。DGCXは、当社のクライアントへの商品提供を多様化することを支援する。これを実現するため、われわれはその目標を達成する最適かつ最優秀の人材を雇用した。われわれはまた、取引機能で最高のソフトウエアの1つを確保したが、それがメタクオーツ・ソフトウエア(MetaQuotes Software、リンク )社のメタトレーダー5である」とコメントした。

DGCXのガウラン・デサイ暫定CEO(最高経営責任者)は「われわれはDGCXとMetaQuotesの連合勢力がいい体制を整えたのは喜ばしい。われわれはメタトレーダー5プラットフォームを利用するDGCX初の会員社になり、顧客基盤に取引所商品を提供するMenacorpに祝意を表したい。DGCX市場の商品ポートフォリオと活力、この地域におけるMenacorpの指導的役割、メタトレーダー5プラットフォームの大きな人気は、すべての関係者を見事に支援する強力な連合である。このような提携関係は、DGCXが10年の歴史の中でもとりわけ最高の未決済建玉を記録し、メタトレーダー5のようなダイナミックなプラットフォームを持つ時期に実現したことで、われわれはMENA(中東北アフリカ)地域全体で(取引)参加と新たな(会員)登録が増えることを期待している」と語った。

メタクオーツ・ソフトウエアのレナート・ファトクリンCEOは「われわれもまた、MenacorpがDGCXへのメタトレーダー5実装に成功したことを祝福する。この段取りによって、ブローカーのクライアントの取引機会が大きく広がる。アラブ諸国のトレーダーは今や、最も要求の多いユーザーのニーズに対応するユニークなオールインワン用途のプラットフォームを持っている」と語った。

Menacorpはそのクライアントにすべてのエコシステムを提供したことによって、取引と分析は現代のすべてのトレーダーが必要とする過剰なまでのサービスを手中にする。同プラットフォームはメタトレーダーのアプリケーションストアへのアクセス権を与え、取引・アプリケーションさらにはバーチャルホスティングによる発注に対して、数千のレディーメードのロボット機能、コピートレーディングサービス、フリーランスサービスを提供する。市場でこれ以上機能的なプラットフォームを見つけることはほぼ不可能である。

2000年に創立されたメタクオーツ・ソフトウエアはメタトレーダー(MetaTrader)のトレードマークで金融市場向けのトレーディング・プラットフォームを開発してきた。国際的にForexソフトウエア市場の大手の1つとして知られている。メタトレーダー・トレーディング・プラットフォームは現在、世界で750社以上の証券会社や銀行で利用されている。詳細はリンク を参照。

▽Menacorpについて
MenacorpはUAE証券・商品委員会、ドバイ金融監督庁が認可、規制している受賞経歴のある金融サービス業者である。その深い経験はMENA(中東・北アフリカ)地域で提供する金融アドバイザリー、ブローカー業務、資産管理、金融調査にわたっている。Menacorpは最大手、最も多角的な首長国コングロマリットの1つで、同社の主要株主であるBin Hamoodah Groupの支援を受けている。詳細はリンク を参照。

ソース:MetaQuotes Software Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事