logo

チャイナモバイル(中国移動)がDevOpsプライベートクラウドに向けてNuage Networks SDNテクノロジーを展開

2015年7月22日 【参考日本語訳】 

【2015年7月13日、カリフォルニア州マウンテンビュー発】アルカテル・ルーセント(ALU/ユーロネクスト・パリ、ニューヨーク証券取引所)のソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)ソリューションに焦点を当てたベンチャー企業、Nuage Networksは本日、チャイナモバイル(中国移動、以下チャイナモバイル)が、同社の開発と運用を組み合わせた(DevOps)プライベートクラウドアーキテクチャに、Nuage SDNテクノロジーが導入されたと発表しました。

オープンソースソフトウェアと業界標準のハードウェアをベースに、チャイナモバイルは同社のプライベートクラウドアーキテクチャに)Nuage Networks仮想化サービスプラットフォーム(VSP)を導入し、子会社に必要な、また、新しいクラウドベースのサービスを開発するために求められる、機能性と拡張性を提供します。

Nuage NetworksのCEO、スニル・カンデガー(Sunil Khandekar)は以下のように述べています。
「チャイナモバイルは、新しいDevOpsプライベートクラウドアーキテクチャの設計と構築において、明確なビジョンを持ちアプローチしています。Nuage NetworksのVSPとオープンソースソフトウェアを組み合わせることで、チャイナモバイルは、パワー、洗練さ、選択肢の面で、時代に合わなくなったこれまでのアーキテクチャを超えつつあります。チャイナモバイルの内部オペレーションと、最終的には顧客に提供するクラウドサービスをも変えていくでしょう」

世界最大級の企業に拡張性を提供することに加え、Nuage NetworksのVSPは、広く普及しているチャイナモバイルの既存のネットワーク環境に上書きされ、統合(あるいは「一体化」)されます。そして、単独または複数のデータセンターにあるリソースで構成されていながら、シームレスに接続でき、クラウドのどこからでもアクセス可能な、独自の仮想プライベートクラウド(VPC)が、各子会社に割り当てられます。Nuage Networks仮想化サービス保証プラットフォーム(VSAP)は、各VPCと一体化したクラウドの仮想および物理環境間で完全な可視性をもたらします。

各VPCは、Nuage NetworksのVPCの、ネットワークマイクロセグメンテーション機能を使用した仮想マシン(VM)レベルで独立しており、内外に対して安全です。そして、各データセンターや各VPC、一体化したクラウドを攻撃する「イーストウエスト」マルウェアの侵入を防ぎます。ハイパーバイザー間のデータセンター通信もまた、保護されています。チャイナモバイルのクラウドチームが子会社の一元的なセキュリティポリシーのオーバーライドを防ぐ一方で、各子会社は割り当てられたVPC内のセキュリティパラメータを絞り込めます。結果として、各子会社は、チャイナモバイルクラウドのコスト効率とともに、プログラマビリティとセキュリティのコントロールを享受することになります。


チャイナモバイルについて
チャイナモバイル・リミテッドは、約8億という世界最多のモバイル契約数と世界最大のモバイル通信ネットワークを誇る、世界トップレベルのモバイル通信サービスプロバイダです。香港とニューヨークの証券取引所に上場しています。2013年、同社はFTのグローバル500、およびフォーブスのグローバル2000トップ企業にランクインしており、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの新興市場でコンポジット株として選出されました。同社は現在、ムーディーズによってAA3/安定的見通し、S&Pによって中国のソブリン格付けと同じAA-/安定的見通しと格付けされています。

NUAGE NETWORKSについて
Nuage(ニュアージュ)は、フランス語で「雲(クラウド)」を意味します。シリコンバレーに拠点を置く新興企業、Nuage Networksは、画期的なテクノロジーとネットワーキングに関する豊富なノウハウを組み合わせた独自のサービスを、一般企業や通信事業者に提供します。斬新な発想を駆使することで、高度なスケーラビリティとプログラマビリティを備え、キャリアグレードの高信頼性を誇るSDNソリューションの開発に取り組んでいます。アルカテル・ルーセントの躍進するIP事業部を母体とするNuage Networksは、世界最大級のクラウドのニーズにも対応できます。クラウドが示す理想を現実のものとして提供すること、それがNuage Networksのミッションです。
URL: www.nuagenetworks.net. /Blog: リンク Twitter: リンク

本件に関するお問い合わせ先:
日本アルカテル・ルーセント株式会社
コミュニケーション部 クルザーチエ・キャロリーヌ
TEL:03-6431-7000 FAX:03-6431-7024
E-mail:jpmarcom@alcatel-lucent.com





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。