logo

内臓冷え、冷房冷え、温度差…現代型夏バテとは?

ウーマンウェルネス研究会supported by Kao 2015年07月21日 18時00分
From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(リンク)にて、新たなコンテンツを発表いたしました。以下にご紹介いたします。

―――――――――――――――――――
夏バテの原因は、これまで暑さと紫外線によるものと言われてきましたが、最近ではそれらに加えてさまざまな要因が指摘されています。そのような「現代型夏バテ」について解説します。


グラフ入り詳細はこちら⇒
リンク


■現代型夏バテとは?
―――――――――――
ウーマンウェルネス研究会の調査によると、女性の2人に1人が「だるさ」「疲れがとれない」といった、夏バテ症状を経験しています。そのような夏バテのおもな原因は、従来は「暑さ」と「紫外線」といわれてきました。

【従来の夏バテ】
1.暑さ…暑さが厳しいとエネルギーを消耗し、身体が疲れたり、食欲が落ちてバテてしまいます。
2.紫外線…紫外線を大量に浴びると、細胞を破壊する体内の活性酸素が増えてしまいます。これは身体にダメージを与え、夏バテを促進します。

ところが、最近では、「暑さ」「紫外線」に加え、「室内外の気温差」「エアコンによる冷え」「冷たいもののとり過ぎによる内臓冷え」によって、体調を崩す女性が増えています。暑さを避けるための工夫が、かえって身体を外からも中からも冷やす環境を作り、エネルギーを奪ってしまうのです。

【現代型夏バテの原因】
■室内外の温度差
夏の暑い屋外と冷房の効いた室内の温度差によって、身体がバテてしまう人が増えています。室内外の温度差が大きい環境では、体温調整のために常に交感神経が働き、エネルギーを必要以上に消耗してしまいます。ウーマンウェルネス研究会の調査で、「猛暑日といわれる35℃のときの冷房の設定温度」を聞いたところ、平均26℃で温度差が10℃近くあることがわかりました。室内外の温度差が大きいと身体が疲れ、エネルギーを消耗し、身体への負担も大きくなって夏バテしやすくなります。

>スタミナ食で疲労回復、水分補給…実は間違っているかも!?夏バテ解消のコツ
 リンク

■冷房による冷え
電車やオフィスなどの冷房により、夏でも身体が冷えがちに。また、オフィスワークなどで座っていることが多い人は、冷房による冷えに加え、運動によって熱が作り出されないため、さらに冷えやすくなります。実際に夏に不調を感じる女性の約8割が、冷房の冷えが気になると回答しています(グラフ参照)。これにより、冷房による身体の冷えは、夏の女性の大きな悩みのひとつであることがわかります。

■内臓の冷え
最近では、冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎによって「内臓冷え」を起こし、胃腸の調子が悪くなったり、身体がだるくなったりする女性が増えています。熱中症対策で冷たい飲み物をとり過ぎたり、食欲がないからといって、そうめんや冷やし中華などの冷たい麺類やかき氷などの冷たいスイーツを食べ過ぎたりすると、「内臓冷え」になりやすいため注意が必要です。

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年4月17日~4月20日
調査対象:首都圏在住の20~50代の男女637名
調査内容:夏の不調に関する意識調査

>夏野菜を加熱調理したほうがいい理由とは?
 リンク

このように、外からも中からも冷やされる環境や、夏の室内外の温度差が、現代型夏バテを招いているのです。

監修:川嶋朗先生
 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。