logo

完璧なモバイル環境を構築するには

CTC教育サービスはコラム「完璧なモバイル環境を構築するには 」を公開しました。

###
Posted on June 4, 2015 by Ancy Dow

By Cyndie Zikmund, Group Manager, EUC Product Marketing and Ben Siler, EUC Product Marketing Associate

 みなさんの組織は、モバイルワーカー(携帯端末を用いて社外から仕事をする従業員)の力をフル活用したいと考えているでしょうか。みなさんのユーザーは、会社の端末とプライベートの端末の間をもっと簡単に行き来し、自宅や公共交通機関、お気に入りのカフェなど、いつどこからでも会社のアプリやデータ、デスクトップにアクセスし、会社にいるときと同じように仕事をしたいと考えているでしょうか。

fig01

Mobile Workforce: Works from Anywhere

 IT部門のみなさんは、数万とは言わないまでも、数千もあるエンドポイントのリスクを軽減させ、それらすべての管理を簡略化させたいと考えているでしょう。みなさんの組織は、モバイルワーカーの力をフル活用させたいという巨大なニーズを抱えていますが、どのように実現させたらよいでしょうか。

 多くの組織は、ソフトウェア・デファインド・エンタープライズ(SDE)と仮想ワークスペースを導入しています。仮想ワークスペースは、みなさんがリソースを管理するための場所を1つと、みなさんのユーザーがいつものアプリやデータ、デスクトップにどこからでも接続できるための場所を1つ提供します。

 何が必要なのかを熟知していても、実際に実現させるのは大変難しいものです。仮想ワークスペースの構築を担っている数多くのソリューションプロバイダーの中から、時間や予算を投資する価値があるものをどのように選択すればよいのでしょうか。

 「モバイル労働環境の購入時に重要な5つの条件」というホワイトペーパーでは、仮想ワークスペースの構築時に注目すべき重要な能力について議論しています。これらの機能について、以下で簡単に解説します。

機能1: シンプルでシームレスなユーザーインタフェース
 従業員は簡単で使いやすい仮想ワークスペースを求めています。自宅でも仕事でも同じパスワードを使い、デスクトップでも携帯電話でも同じアプリを使い、IT部門の人に頼らなくてもアプリのダウンロードやアクセスができ、個人好みにカスタマイズができることを望んでいます。IT部門では、そのような要求をなるべく(突飛でない、利用者はコア部分に触れられない、など許容できる範囲で)サポートする方法が必要です。

 最低限、シングルサインオンやネイティブデバイスとの統合、ユーザーカスタマイズの分離などの機能は確実にサポートしておきましょう。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。