logo

多業務な人依存のデスクトップ仮想化運用からの脱却

CTC教育サービスはコラム「多業務な人依存のデスクトップ仮想化運用からの脱却 」を公開しました。

###
数多くの運用実績を誇る伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)およびCTCグループにおいてシステム運用・サポートを行うCTCシステムマネジメント株式会社(以下、CTCS)にご協力をいただき、デスクトップ仮想化の運用設計の必要性を明確化するとともに、数多くの運用を手がけている経験から導き出されたデスクトップ仮想化の運用設計や運用業務の簡素化を図るためのテンプレート、アウトプットイメージをご紹介します。

デスクトップ仮想化の運用が難しい理由
 多くのデスクトップ仮想化が企業に浸透するにつれて、導入後の運用に課題を抱えている企業も散見されるようになりました。
デスクトップ仮想化導入以前は、企業や組織はPCなどを従業員に支給しており、その個々のPCのパッチ適用などのメンテナンスは、なかば従業員に任せていたと言っても過言ではありませんでした。しかし、デスクトップ仮想化のメリットの一つであるデスクトップ環境の集中管理による運用コストの低減は、従業員視点では大きな効果を発揮するものの、裏を返すとそれらデバイス環境全般の管理は情報システム部門が責任をもつことでもあります。また、昨今ではPCのみならず、モバイルデバイスの台頭により情報システム部門の運用負担は計り知れないものになってきています。このデスクトップ仮想化の運用状況をCTCS営業・マーケティング本部 営業開発部 部長代行 松森 巧 氏(松森 氏)は以下のように語ります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。