logo

Ruby on Rails3ブロンズ試験の合格率と受験コメント

Rails技術者認定試験運営委員会はRuby on Rails3ブロンズ試験の合格率と受験コメントを公開しました。

Rails3ブロンズ試験の合格率は現在53%です。

Railsチュートリアルを読み込むことが合格への道となっているような気がします。

教材については以下をご覧ください。

リンク

以下では5月6月に受験をされた方のアンケートでコメントを頂いた方のみ、原文そのままでお伝えします。受験の参考にされてください。

「処理を簡潔に書けるところ」
「コミュニティが活発なところ。最先端の技術を使っているという実感を持てること。初心者でも比較的わかりやすく記述できる点。」
「なんとなく使っていたメソッドや、知らなかったメソッドなど、勉強し理解を深めることができた。」
「知らないメソッドなどを学習し、今までの内容を復習することができたから。」
「本格的にアプリケーションを作る前に、概要を勉強できた。」
「初学者がRailsについて体系的に学ぶことができた。」
「試験勉強を通して、より知識が増えたと感じるため。」
「体系的にRailsを学ぶことができたため。」
「まったく Rails の知識がない状態で学習を始めたため、scaffold 機能などすこぶる生産性の高い Rails の機能を知るにつれて、単純に「面白いな」と思えたため。」
「また、 Ruby の文法知識も多少身に付いた。」
「なお、試験はまったく惜しくもない不合格。」
「学習時間が足りなかった」
「Railsの基本をおさえられるから」
「普段実務で使用している中であやふやにしている部分が明確になったため。」
「Railsを勉強するきっかけに」

なお、Rails4シルバー試験ではインプレスの公式問題集は現在プレゼントキャンペーンを行っています。詳細は以下をご覧ください。
ブロンズ試験の次はシルバー試験だ!という方は是非ご活用ください。
リンク

※シルバー試験の詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。