logo

【腎臓病の食事レシピ】みんなで簡単パーティ料理!手巻き寿司、青ねぎのぬた、イチゴの粉砂糖がけ

NPO法人 腎臓サポート協会 2015年07月17日 17時21分
From Digital PR Platform


NPO法人 腎臓病サポート協会が運営する「腎臓病なんでもサイト」では、腎臓病患者さんの毎日の食事作りが楽しく、おいしくなるレシピを公開しています。

今回ご紹介するのは家族や友人とのパーティにぴったりな手巻き寿司です。酢めしに低タンパクご飯を使えば、魚や肉、納豆などのネタもきちんと摂れます。ワイワイみんなでおしゃべりしながら、自分のペースで手巻き寿司を楽しみましょう。

副菜は箸休めにぴったりの青ねぎのぬた。こちらもさっぱり簡単です。デザートは水菓子のいちご。さらさらと粉砂糖をかけて仕上げています。


―――――――――――――――――――――――――――
みんなで簡単パーティ料理 手巻き寿司のレシピ
―――――――――――――――――――――――――――
■■[献立]■■
手巻き寿司、青ねぎのぬた、イチゴの粉砂糖がけ
リンク

▼1品目!手巻き寿司のポイント
酢飯は低たんぱく米を使ってお好きな具を使いましょう。
今回の具には、まぐろ、納豆、卵、牛肉を使用します。たんぱく質が20gを越えるので、個人のたんぱく質摂取量に合わせて、具の量を加減してください。
寿司につける醤油は多くならないように、上からかけないで、小皿に醤油小さじ1杯半を入れて、つけながら食べるようにしましょう。
納豆はカリウムとリンが多く含まれており、デザートに使ういちごもカリウムが多い食品ですので、今回、使用した量以上にならないようにしましょう。

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


▼2品目!青ねぎのぬたのポイント
味噌、酢、砂糖、みりんのあわせ調味料を青ねぎ・油揚げ・わかめに合わせるだけ。さっぱりおいしくいただけます。
油揚げはさっと炙って焦げ目をつけると香ばしさがでます。
仕上げにおこのみで洋がらしをつけるとアクセントがつきます。

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


▼3品目!いちごの粉砂糖かけのポイント
いちごに好みで粉砂糖を振りかけていただくのみです!砂糖はカロリーアップの効果もあります。

・レシピ詳細と栄養成分
リンク


腎臓病患者さんにとって、腎臓病の進行を遅らせ、体調を良好に保つために、食事のコントロールはとても大切です。

「腎臓病なんでもサイト」では毎日の食事作りのために、簡単で栄養バランスがとれるコツや、知っておくと便利な調理ポイントを、たくさんのメニューとともにご紹介しています。ぜひご覧ください。

「おいしく!楽しく!食事作りのヒント」
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。