logo

エリクソン、ソフトバンクと東京で共同5Gトライアルを実施

・エリクソンは、ソフトバンクと東京で5Gフィールド試験の実施を計画
・共同の5Gフィールド試験では複数の周波数帯で超高速と超低遅延の通信性能を検証


エリクソン (NASDAQ: ERIC) は、日本の大手移動通信事業者であるソフトバンク株式会社と、これまでの協力関係をさらに拡大し、東京で5Gテクノロジーの共同フィールド試験を実施します。両社は共同フィールド試験を通じて5Gのユースケースと導入シナリオに関する共通の理解を深め、5Gの主な技術構成要素の性能を評価すると同時に共同で5Gの研究に取り組みます。

共同フィールド試験は複数の周波数帯を用いて実施する計画で、エリクソンの5Gトライアルシステムを使い、超高速と超低遅延の通信性能を検証します。

5Gはデバイス、モバイルアクセス、IPコアからクラウドに至る将来の通信のエコシステム全てを進化させるものです。エリクソンが取り組んでいる最新の5G試験ネットワークは、屋内と屋外両方の環境におけるモバイルデバイスと無線アクセスネットワーク間の相互動作の評価に重点的に取り組んでいます。

ソフトバンクの常務執行役員 モバイルネットワーク担当 佃英幸氏は次のように述べています。「ソフトバンクは、お客様のためにネットワークの継続的な改善に注力しており、5Gへの進化と新しいMTC (Machine Type Communication) アプリケーションに注目しています。パートナーであるエリクソンと共にトライアルに取り組み、5G無線アクセス技術の可能性を実証したいと考えています」

エリクソン・ジャパン代表取締役社長ヨッシー・コーヘン (Yossi Cohen) は次のように述べています。「各種産業が急速に転換しつつある今、5Gはネットワーク化社会に向かうトレンドの一端を担うきわめて重要な構成要素の一つとなるでしょう。ソフトバンク様との共同トライアルを通じて新しいテクノロジーの可能性を追求できることを喜ばしく思います。今回の新しい協力関係を通じ、今後もソフトバンク様とのパートナーシップを継続的に強化してまいります」

エリクソンは、従来より広い帯域幅、高い周波数、短い送信周期をサポートする高機能のアンテナ技術を開発しています。また、5Gトライアル用として特別に開発されたエリクソンの無線基地局はベースバンドユニットと無線ユニットから構成されており、標準化前の5G無線技術を用いた空間ライブデモですでに5Gbpsを超える速度の実現に成功しています。

エリクソンは今日の予備的な研究や、影響力のある標準化団体や業界グループとの標準化準備活動を通じて5Gの標準化を牽引しており、最終的に商用化に至るまでのこの次世代ネットワーク技術の規格化において重要な役割を担います。エリクソンは5G伝送技術に関する協力を促進するために新しいラボを創設しました。通信業界における5Gの研究は現在も続いており、商用展開は2020年頃を予定しています。


報道関係の皆様へ

エリクソンの5Gメディアキットは以下URLからダウンロードいただけます。
リンク

高解像度の写真と動画のダウンロードは、以下URLからダウンロードいただけます。
リンク

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。

エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。

180カ国で事業を展開し、11万5,000人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。

エリクソンは1876年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2014年の売上高は331億USドル (2,280億SEK) です。エリクソンは、NASDAQ OMXストックホルム およびNASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。