logo

Wind River Titanium ServerをノキアAirFrame Data Centerソリューションで検証

ニュースハイライト
・キャリアグレードの通信インフラソフトウェアWind River Titanium Serverの検証を、ノキアAirFrame Data Centerソリューション上で行いました。
・ノキアAirFrameは、低遅延で高スループットの仮想通信アプリケーション向けに、独自のクラウド型機能を提供します。
・Titanium Serverは、通信サービス事業者の要件に対応できる信頼性とパフォーマンスを、NFVインフラで実現します。

2015年7月14日、カリフォルニア州アラメダ発 - ネットワーク仮想化ソフトウェアを提供する世界的なリーダー、ウインドリバーは、ノキア社(*1)が先日発表した「AirFrame Data Center」(*2)ソリューション上で、「Wind River Titanium Server」(*3)がNFVインフラソフトウェアとして動作することを検証したと発表しました。

AirFrame Data Centerソリューションはクラウドテクノロジを利用して、仮想化した通信ネットワーク機能に低遅延と高スループットを提供します。集中型と分散型のアーキテクチャを組み合わせ、最大限の効率と機能を実現します。ノキアのVNF(Virtual Network Function)をネイティブにサポートしており、柔軟性の高い革新的なデータセンターを、戦略的かつ最適な場所に展開できます。通信サービス事業者はAirFrameにより、NFV(Network Functions Virtualization)の可能性をフルに引き出すことが可能です。ユースケースの一例としては、無線部分の仮想クラウド化により、無線部分をフィールドからデータセンターに移行することで、運用コストの削減や新サービスの提供の加速化を図ります。

Wind River Titanium Serverでは、通信インフラに必要なキャリアグレードの信頼性を、NFVプラットフォームで実現できます。同時に、クラストップレベルの仮想マシンの密度をVNFに提供し、サービス事業者の運用コストの削減を最大化できます。

ノキアネットワークスのアーキテクチャ担当バイスプレジデント、アンリ・テルヴォーネン氏は次のように述べています。「AirFrame Data Centerソリューションにより、ノキアは商用NFVやテレコクラウドの高機能化に取り組んでいきます」

ウインドリバーのプロダクト担当シニアバイスプレジデント、ジム・ダグラスは次のように述べています。「ノキアのAirFrameソリューションでTitanium Serverの検証が完了したことを喜ばしく思います。ノキアネットワークスは長年にわたって、ウインドリバーの重要なお客様です」

NFVがもたらすビジネスチャンスと課題にウインドリバーがどのように対応しているかについては、こちらでご覧いただけます。
リンク
ウインドリバーはWind River Titanium Cloud(*4)プログラムを通して、最適化された相互運用可能なソリューションを提供するエコシステムを構築しています。これにより、NFVインフラを導入するサービス事業者や通信機器メーカーが、市場投入までの時間を加速できるようになります。Titanium Serverは、IoTの進展を可能にするWind River Helix(TM)(*5)ポートフォリオ製品の1つです。

*1:リンク
*2:リンク
*3:リンク
*4:リンク
*5:リンク

■ウインドリバーについて
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、モノのインターネット(IoT)向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは20億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。
リンク

              # # #

*Wind Riverは、Wind River Systems, Inc. および同社の関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。