logo

Yahoo! JAPANが主要ノード間接続にトランスモードのメトロWDMを採用

JCN 2015年07月14日 09時00分
From JCN Newswire


STOCKHOLM, SWEDEN, Jul 14, 2015 - ( JCN Newswire ) - パケットオプティカルネットワークソリューションのグローバルサプライヤーであるトランスモードは、日本のインターネット大手企業、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が、トランスモードの10GメトロWDMを導入したことを本日発表いたします。新しく採用された高速オプティカルインターコネクションは、Yahoo! JAPANのデータセンター接続において、主要ノード間の増大する容量に対応するために設計されています。

Yahoo! JAPANは日本における最大かつ最も革新的なインターネットプロバイダーの1つです。顧客の増加とともに通信量が増加しています。それに伴い、主要ノード間でより多くの帯域が必要となっています。データセンターには膨大な数のサーバーが存在しますが、スペースと電力ともに限りがあります。そこで、フットプリントが小さく低電力で稼働するトランスモードのTMシリーズは、最適と言えます。

TMシリーズ導入により、Yahoo! JAPANの主要ノード間におけるネットワーク帯域の増強と低遅延化が実現できます。Yahoo! JAPANの顧客は、これらのノード上でYahoo! JAPANのネットワークに接続し、データセンター内の多様なサービスへ高速にアクセスすることが可能です。

ヤフー株式会社 システム統括本部 テクニカルディレクターの高澤信宏氏は次のように述べています。「当社は、フットプリントが小さく省電力で、かつ小容量から大容量まで柔軟に対応できるソリューションを求めていました。それにより、必要に応じてネットワーク容量を動的に拡張できるようになるからです。」「トランスモードのTMシリーズは、当社の要求にかなったものでした。何よりの決め手は、Enlightenの管理システムがわかりやすく、日常の運用が円滑になることでした。」

TMシリーズが選ばれた理由は、小さいフットプリントと省電力だけではなく、最高水準の品質と信頼性を確保しながらも、最もコスト効率の良いソリューションであったことです。ネットワーク導入からすでに数カ月経過しており、たいへん安定したパフォーマンスを提供しています。

トランスモード、アジアパシフィック、VPのMark Stevensは次のように述べています。「Yahoo! JAPANが、主要ノード間接続に当社のTMシリーズを採用されたことを大変喜んでおります。今回の導入により、当社のオプティカルプラットフォームがいかに優れているか、また、現在ほとんどのネットワークにおいて、こうした管理のしやすさと省電力が不可欠な要素であることが明らかになりました。この導入を成功させる上で、当社のパートナーである伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称CTC)様のご尽力に感謝いたします。」

詳細はこちらのYahoo! JAPANケーススタディをご覧ください。リンク

お問い合わせ先:

Jon Baldry
テクニカルマーケティングディレクター
Transmode Systems AB
電話番号:+44 (0)7766 146 440
メールアドレス: jon.baldry@transmode.com

トランスモード日本代表事務所
倉内尚子
電話番号 03-3560-3071
メールアドレス: naoko.kurauchi@transmode.com

トランスモードについて

トランスモードはパケットオプティカルネットワーキングソリューションのグローバルプロバイダーです。固定回線およびモバイルネットワーク通信事業者が、映像やデータのトラフィックの急成長による容量ニーズにコスト面においても効率良く応えることを可能にします。これらのソリューションは、次世代の超高速光ネットワークにおける重要な構成要素であり、このようなブロードバンドバックホール、モバイルデータバックホール、映像配信サービスやクラウドコンピューティングなどのサービスをサポートします。

トランスモードのソリューションは、メトロおよびリージョナルネットワークの容量、柔軟性と機能性を高めるように設計されており、波長分割多重(WDM)およびイーサネットなどの転送技術に基づいています。トランスモードのネイティブパケットオプティカル 2.0アーキテクチャは、お客様に、コスト効率の良いイーサネットサービス、低遅延、省電力、長期的に利用可能なネットワーク設計などの重要な利点を提供します。

トランスモードはスウェーデンのストックホルムに本社を置いており、NASDAQ OMXストックホルム取引所(TRMO)に上場しています。2000年以来、世界50カ国以上で650以上の固定および移動体ネットワーク通信事業者、サービスプロバイダー、大企業や公共機関向けに50,000以上のシステムをインストールしてきました。トランスモードについての詳細はこちらをご覧ください。www.transmode.com

Yahoo! JAPANについて

Yahoo! JAPANは、日本の個人顧客、法人顧客向けに幅広いインターネットサービスを提供している日本のインターネット企業です。Yahoo! JAPANはフォーブスマガジンの「世界で最も革新的な企業 100(2013)」の1つに選ばれ、Webホスティングから不動産、旅行、自動車にいたる多様なオンラインサービスを提供しています。Yahoo! JAPANは日本の企業に向けてデータセンターサービスも提供しており、個人顧客向けにはオークションやショッピング、インターネット検索サービスを展開しています。詳細はこちらをご覧ください。リンク

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社について

伊藤忠テクノソリューションズ(略称CTC)は、情報通信、金融、流通分野や、フロント系基幹システムの開発、オープン系システムの基盤構築、さらにデータセンター事業など特定の業種、業務に強みを持ち、ITライフサイクルを支えるユニークで総合力を兼ね備えたソリューションプロバイダです。

クラウドやビッグデータ等、最新技術に精通したテクノロジー・リーディング・カンパニーとして、コンサルティングから設計、構築、運用・保守サポートに至るトータルサービスを提供します。詳細はこちらをご覧ください。リンク

プレスリリース (PDF): リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。