logo

国際美容外科学会が2014年美容形成手術の統計を公表

International Society of Aesthetic Plastic Surgery(ISAPS) 2015年07月09日 10時45分
From 共同通信PRワイヤー

国際美容外科学会が2014年美容形成手術の統計を公表

AsiaNet 61106 (0886)


【ハノーバー(米ニューハンプシャー州)2015年7月8日PRN=共同通信JBN】
*2014年には2000万を超える美容目的の処置が全世界で実施された

国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery、ISAPS)が8日公表した統計によると、2000万を超える美容上の外科的、非外科的処置が2014年に世界で実行された。ISAPSは美容形成外科の国際学会であり、95カ国2700人以上の有資格美容形成外科医が登録している。ボツリヌス毒素美容療法が引き続き男女双方で最も一般的な美容処置となっている。外科的処置に関しては、女性にとっては豊胸手術が、また男性の場合はまぶたの手術が最も盛んだった。

 Logo - リンク

ISAPSのウェブサイト(www.isaps.org )はすべてのリポート、プレスリリース、ニュースに関するQuick Factを掲載している。

ISAPSの高柳進会長(医学博士)は「われわれは関係する分野の詳細なプロファイルを反映するよう調査手段を改善した。われわれの学会はこの価値あるリポートを作成するに当たって、理にかなった分析方法に従って実施している」と語った。

▽2014年に最も多くの美容外科および美容非外科処置を行った国
 米国-406万4571人(20.1%)
 ブラジル-205万8505人(10.2%)
 日本-126万351人(6.2%)
 韓国-98万313人(4.8%)
 メキシコ-70万6072人(3.5%)
 ドイツ-53万3622人(2.6%)
 フランス-41万6148人(2.1%)
 コロンビア-35万7115人(1.8%)

以上のランキングは、十分な調査回答が回収でき、データが信頼できると考えられる国に専ら基づいている。

▽2014年に実行された代表的な美容外科処理例
 まぶたの外科手術-142万7451件
 脂肪吸引-137万2901件
 豊胸手術-134万8197件
 脂肪移植-96万5727件
 鼻形成術-84万9445件

▽実施された代表的な非外科処置
 ボツリヌス毒素-483万911件
 ヒアルロン酸-269万633件
 脱毛-127万7581件
 ケミカルピーリング-49万3043件
 レーザーによる若返り術-48万271件

女性に対する美容処置は1700万件余り実行され、全体の86.3%を占めた。2014年に実施された外科処置のうち、最も頻度の高い例は次の通り。
 豊胸
 脂肪吸引
 まぶたの手術
 脂肪移植
 腹壁形成

男性の美容処置は250万件以上が処置を受け、全体の13.7%だった。2014年に実施された外科措置のうち、最も頻度の高い例は以下の通り。
 まぶたの手術
 鼻形成術
 脂肪吸引
 女性化乳房
 脂肪移植

ISAPSの最新の統計は、美容処置が新しい技術と処置の傾向を反映して多様化していることを示している。

▽ISAPSについて
国際美容外科学会(ISAPS)は有資格の美容形成外科医のための有力な国際団体である。1970年に創設されたISAPSの使命は3分野、すなわち最新の外科的技術に関してISAPS会員を教育すること、一般公衆への情報提供、患者の安全を進めることである。ISAPSへの会員登録に当たっては、すべての領域の外科的、非外科的美容処置に十分な訓練を積んでいることを保証するため、徹底的な選抜が行われる。

ソース:International Society of Aesthetic Plastic Surgery(ISAPS)

▽問い合わせ先
Rosie Taylor,
(954) 667-9668,
ISAPSMedia@conmx.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。