logo

スクート、関西国際空港—シンガポール路線に本日より就航

スクート日本支社 2015年07月08日 23時02分
From Digital PR Platform


スクート(日本・韓国支社長: 坪川成樹 日本支社: 東京都港区)は本日7月8日より、関西-シンガポール路線に就航いたしました。大阪-シンガポール間を週に計6便(タイのバンコク経由週3便、台湾の高雄経由週3便)、新機体ボーイング787ドリームライナーにて運航いたします。これによりスクートのネットワークは7カ国15都市となります。

スクートのボーイング787ドリームライナーは、より広いスペースでより快適なフライトをご提供します。機内気圧が従来機より高いため、耳や体への負担がかかりにくく、また、湿度も従来の航空機2〜3倍高いため、肌や装着中のコンタクトレンズが乾燥しにくくなりました。揺れを吸収・軽減する機能も備えています。また、美味しい機内食、ストリーミング動画配信、Wi-Fiサービス、シート電源サービス なども揃っています。(注1)

「このたびの就航で、歴史と文化、食の楽しみバンコク、美しい自然あふれる高雄、そして何でも揃うショッピング・シティ、シンガポールに旅行者の皆様をお連れできるのを大変嬉しく思っています。関西の皆様にスクートの多岐にわたるサービスから必要なものを選んでいただき、魅力的な料金でスクートが誇る新機体にご搭乗いただき、楽しくユニークな “スクーティテュード” のサービスを体験いただけることを心よりお待ちしております。」(スクートCEOキャンベル・ウィルソンのコメント)

スクートは9月1日より現行の成田—台北—シンガポール路線も ボーイング787ドリームライナーにて運航する予定です。2015年アジア太平洋地区LCC部門にて最優秀賞を受賞している(注2)スクートは2016年3月までに計11機のボーイング787ドリームライナーを受け取り、そのネットワークをさらに広げていきます。

注1)機内食、ストリーミング動画配信、Wi-Fiサービス、シート電源サービスは一部有料となります。
注2) スクートは2015年にAirRatings.comによりLCC部門最優秀賞に選ばれました。


■ 運航スケジュール 2015 年 7 月 8 日(水)より運航
<ドンムアン経由>水・金・日現地発
TZ297 関空17:30発 ⇒ ドンムアン21:55着/ドンムアン22:55発 ⇒ シンガポール02:25+1翌日着
TZ298 シンガポール06:05発 ⇒ ドンムアン7:10着/ドンムアン8:25発 ⇒ 関空15:50着


<高雄経由>火・木・土現地発
TZ287 関空16:15発 ⇒ 高雄18:55着/高雄20:05発 ⇒ シンガポール00:25+1翌日着
TZ288 シンガポール06:15発 ⇒ 高雄10:25着/高雄11:35発 ⇒ 関空15:15着
*スケジュールの有効期限: 2015年10月24日

■ 使用機材 ボーイング787 ■ 座席数 スクートビズ 35席/エコノミークラス 340 席、合計 375 席



スクートについて
スクート(TM)は、2012年の就航以来、乗客数は累計430万人を突破し、2015年2月には初の787ドリームライナー機を投入いたしました。現在シンガポールからシドニー、ゴールドコースト、バンコク、台北、東京、天津、瀋陽、南京、青島、ソウル、香港、パース、大阪、高雄への中長距離線を運航しており、新たにメルボルンが加わります。魅力的な価格はもちろんのこと、スクートは安全、信頼、そしてScootitude(TM) /スクーティテュード(Scoot+Attitude/スクートとしての姿勢)で表現される独自の旅行スタイルを提供いたします。2015年8月までにスクートは全機体787を導入し、WiFi、専用電源などの新たなアメニティを加え、更なる快適さを追求いたします。これからもスクートは多様化する長距離旅行者のニーズに応えてゆきます。
航空券のご予約はホームページ:FlyScoot.com、コールセンター:03-4579-5788、もしくはお近くの旅行会社までご連絡ください。Facebook:Facebook.com/FlyScoot、Twitter: @InsideScootJP

本日の就航セレモニー、放水アーチ、スクートの機影、機内写真などはリンクよりダウンロードください" target="_blank">リンクよりダウンロードください

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。