logo

地域特化型クラウドファンディング“FAAVO”全国40エリア目のFAAVO奈良リリース!FAAVO初の地方信用金庫との連携がスタート

株式会社サーチフィールド 2015年07月08日 13時00分
From ValuePress!

株式会社サーチフィールドは、7月8日に地域特化型クラウドファンディング「FAAVO奈良」をリリースしました。「FAAVO奈良」はFAAVO史上初めて地方信用金庫との連携による運営であり、今回のリリースによって、FAAVOは通算で全国40エリア目の展開となります。

株式会社サーチフィールド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)は、地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」の奈良エリアを、奈良信用金庫(本社:奈良県大和郡山市、理事長:大歳 清次)に運営委託し、奈良県特化型のクラウドファンディング「FAAVO奈良」を正式にリリース致しました。このオープンで、「FAAVO」は全国40エリア目の展開となります。


奈良信用金庫は、以前より積極的に「地域創生事業」に取り組んでおり、今回「FAAVO奈良」の運営を担うことで、地域創生活動をより強化。金融機関ならでは可能となる資金調達側と資金提供側の架け橋となり、地域のベンチャー企業の創出、および中小企業を育成し、地域の発展・振興による豊かな街づくりを目指します。

■クラウドファンディングとは
群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を組み合わせた造語で、アイディアを実現するたに必要な資金を、そのアイディアに共感した不特定多数の人々からインターネットを通じて集める仕組みの事です。

■「地域特化型」クラウドファンディング“FAAVO”とは?
FAAVOは「地域・地方」に特化したクラウドファンディングのプラットフォーム。最大の特徴は現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、エリア別でサイトを運営している事。2012年6月にスタートし、本日リリースした「FAAVO奈良」を含め、現在、全国40エリアで展開しています。

■地元を活性化するプロジェクト
「地域特化型」クラウドファンディング“FAAVO”は、地域の文化や自然を守ったり、地元のビジネス交流を活性化するプロジェクトを運営しています。「FAAVO奈良」では、既に下記のプロジェクトが始動しています。

「奈良の障がい者の働く場所づくりのための、記帳代行サービスの設備導入プロジェクト」
奈良の福祉グループ「ぷろぼの」による、障がい者就業における設備導入プロジェクト。
「ぷろぼの」は、奈良県で障がい者就労支援事業を行うグループ(社会福祉法人・NPO法人)で、日頃は、障がい者が就職するための訓練や就職支援を行ったり、障がい者が働く職場を作っている。
「ぷろぼの」には、障がい者が会計の仕事を行う「ぷろぼのアカウントセンター(Probono Account Center以下『Pac』とします。)という部署があり、税理士の指導の下、障がいのある人が記帳代行サービスを行っている。今回はさらなる障がい者の働く場づくりを目的として、
新しい設備導入のための支援集めを行う。
■ 今後の展開
「FAAVO奈良」は数あるクラウドファンディングサイトの中でも各エリアに特化したプロジェクトの資金調達をすることができるプラットフォームです。今後は地域の出身者と出身地をつなげる事をテーマとするFAAVO(運営:株式会社サーチフィールド)と運営委託先の奈良信用金庫が協力しあい、地域のビジネス活性化や、自然や文化を守るプロジェクトを継続的に展開していく予定です。

【関連リンク】
・地域×クラウドファンディング「FAAVO」
リンク

・奈良信用金庫 奈良信用金庫
リンク


■ 会社概要
社名:株式会社サーチフィールド ( リンク
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-9 第1カスヤビル5F
代表者:代表取締役社長 小林琢磨
設立:2008年7月28日
・事業内容:地域×クラウドファンディング「FAAVO」の運営
・スマホアプリイラスト制作代理サービス「GiKuTAS」の運営

■ 本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社サーチフィールド             
担当者名:齋藤隆太
TEL:03-5856-6374                   
Email: pr@searchfield.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事