logo

Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生
」を公開しました。

###

Railsチームからの報告(*1)によると、今年のGoogle Summer of Code(GSoC)にて、Ruby on Railsのプロジェクトに8名の学生が選ばれたようです。

今年で第11回を迎えるGoogle Summer of Code(GSoC)ですが、これはGoogleが指定したオープンソースのプロジェクトに対し、その年の夏の間に課題をクリアした数100人の学生が賞金をもらえる制度です。毎年2月頃、まず対象となるオープンソース(Railsなど)が募集されます。そして3月には学生の申し込みを受け付けます。4月は学生が対象のオープンソースの団体に慣れるための期間で、5月の終わりになると実際のコーディングが始まり、8月末まで続きます。各プロジェクトには、対象となるオープンソースの団体から選ばれた指導者が付きます。

グローバルなプログラムなので、世界中に参加者がいます。以下は国ごとの参加学生数について公式発表された数字です。2015年は1,051名の学生が選ばれました。



(英語表記でのアルファベット順です。)

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。