logo

ザイリンクス、TSMC 社の 16nm FF+ プロセスを採用した業界初の All Programmable マルチプロセッサ SoC をテープアウト

単位ワット当たりのシステム性能を最大 5 倍、「任意のデバイス間の」コネクティビティ、次世代システムが必要とするセキュリティと機能安全を備えた、柔軟性の高いプラットフォームを提供



[画像: リンク ]

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 7 月 1 日 (米国時間)、TSMC 社の 16nm FF+ (FinFET プラス) プロセスを採用した業界初の All Programmable マルチプロセッサ SoC (MPSoC) をテープアウトしたと発表した。この All Programmable MPSoC は、先進運転支援システム (ADAS) や自律走行車を含むエンベデッド ビジョン システムや、インダストリアル IoT (I-IoT)、次世代の 5G ワイヤレス システムなどに狙いを定めている。ザイリンクスの All Programmable Zynq(R) UltraScale+™ MPSoC は、柔軟性の高いスタンダードベースのプラットフォームの開発を可能にする。そのプラットフォームは、単位ワット当たりのシステム性能を 5 倍にすることができ、次世代システムで要求されるセキュリティと安全性を備え、かつ、「任意のデバイス間の」コネクティビティを実現することが可能である。

世界初のヘテロジニアスなマルチプロセッシング SoC である All Programmable Zynq UltraScale+ MPSoCは、クアッド コア 64 ビット ARM(R) Cortex™-A53 アプリケーションプロセッシングユニット、デュアルコア 32 ビット ARM Cortex-R5 リアルタイム プロセッシングユニットおよび ARM Mali™-400 グラフィックスプロセッシングユニットを含む 7 つのユーザー プログラマブル プロセッサを組み合わせている。また、Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリは、内蔵ペリフェラル ホスト機能、セキュリティ / 機能安全、および高度なパワー マネージメント機能も内蔵している。さらに、Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリと最近ザイリンクスが発表した SDSoC™ 開発環境を組み合わせることで、ソフトウェアで設計し、かつ、ハードウェアを最適化するシステムを実現できる。

ザイリンクスのプログラマブル製品グループ担当エグゼクティブ バイス プレジデント兼ジェネラル マネージャであるビクター ペン (Victor Peng) は、「Zynq UltraScale+ MPSoC は、次世代のスマート コネクテッド アプリケーションに向けて、ソフトウェア インテリジェンス、ハードウェアの最適化、セキュリティ / 機能安全、『任意のデバイス間の』コネクティビティの理想的な組み合わせを提供します。Zynq UltraScale+ MPSoC は、ADASや自律走行車を含む次世代エンベデッド ビジョン システムや、インダストリアル IoT、5G ワイヤレス システムなどの各アプリケーションが求める要件を満たすように最適化されています」と述べている。

■ ADASを含むエンベデッド ビジョン システムや、インダストリアル IoT、5G システムなどを実現
Zynq UltraScale+ MPSoC は、産業用マシン ビジョン、サーベイランス、ADAS などの次世代エンベデッド ビジョン システム向けに最適化されている。ADAS 向けでは、 Zynq MPSoC に高度に並列化されたハードウェアベースの画像処理と解析処理の高速化と、ソフトウェア ベースでのアルゴリズム実装や制御を行うことが可能である。また、あらたに追加されたオンチップ大容量メモリである、UltraRAM™をビデオ バッファ用 に使用することで、ADAS の仕様として重要なスループットの最大化とレイテンシの低減を実現する。さらに、安全性に関連する判断をリアルタイムに行い、アクチュエーターにコマンドを発行できるようにするために、デュアル コア Cortex-R5 プロセッサを搭載している。 これにより、通常のロックステップ方式に加えて、プログラマブル ロジック部に同等の診断機能を実装してクロス モニタリングさせることも可能である。Zynq MPSoC は、ISO-26262 自動車用機能安全規格を念頭に設計されているだけでなく、優れた拡張性と高度にカスタマイズ可能なプログラマブル プラットフォームを提供するため、システム要求の変化が激しい ADAS 分野において継続的に使用可能である。

インダストリアル IoT 向け Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリは、データ収集の統合や、リアルタイムでの診断の実行に最適であり、高度に統合された制御システムによる意思決定を実現する。MPSoC プロセッシングサブシステム、UltraScale™ プログラマブル ロジック部、新しい UltraRAM オンチップ メモリ技術の組み合わせは、理想的なプラットフォームを構築し、マシン間 (M2M) リアルタイム通信を解析、管理するための膨大なデータを処理することが可能である。専用のセキュリティプロセッシングユニットとロックステップ方式が構成可能なデュアル コア Cortex-R5 プロセッサにより、SIL3 レベルの機能安全およびセキュリティ要件もサポートする。

Zynq UltraScale+ MPSoC デバイスは、次世代 5G システムの無線およびベースバンド処理の要件にも対応する。Zynq UltraScale+ MPSoC デバイスは、消費電力を低く抑えながら複数の規格や周波数帯を柔軟にサポートし、「Massive MIMO」やアダプティブビームフォーミング アーキテクチャ、CloudRAN レイヤー 1 ベースバンド アクセラレーション、フロントホール アプリケーションなどの新技術に対応する。また、クアッド コア ARM Cortex-A53 プロセッシングサブシステムを備えるZynq UltraScale+ MPSoC は、統合されたきめ細やかなパワー マネージメント システムを活用して、デジタル プリディストーション、ビームフォーミング制御機能およびシステム制御タスクを実行するための、低消費電力で最適化されたハードウェアおよびソフトウェア デザインを実装できる。

■ Zynq UltraScale+ MPSoC 開発環境
ザイリンクスは、UltraScale+ ポートフォリオ向けに極めて包括的で便利なツールセットも提供している。ツールには SDSoC 開発環境が含まれるため、システムおよびソフトウェア エンジニアは、ソフトウェアでの開発手法を選択できる。また、ハードウェア設計者は最新の Vivado(R) Design Suite を利用して、最適化された Zynq MPSoC ベースのプラットフォームを迅速に構築できる。さらに、ザイリンクスは、Linux、FreeRTOS、OpenAMP、Yocto、QEMU、XEN などのオープン ソース コミュニティを利用可能にするためのソース コードを公開済みである。ザイリンクスは、全体的な製品ラインアップを補完しアプリケーション開発を容易にするために、ソフトウェア開発キット (SDK)、PetaLinux ツール、ランタイム ドライバーおよびライブラリも提供している。

■ ザイリンクスについて
ザイリンクスは、All Programmable FPGA、SoC、MPSoC、3D IC の世界的なリーディング プロバイダーである。独自の技術を提供することで、クラウド コンピューティング、SDN/NFV、ビデオ / ビジョン、インダストリアル IoT および 5G ワイヤレスなどの分野において、ソフトウェアで定義しハードウェアを最適化するアプリケーションを実現する。詳しい情報は、ウェブサイト japan.xilinx.com で公開している。

※ ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、Vivado、Zynq、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。ARM は EU およびその他の国での ARM の登録商標および商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

下記のザイリンクス株式会社ウェブサイトもご参照ください。
・ トップページ : リンク
・ プレスリリース (日本語) : リンク
このリリースの全文は次の URL を参照のこと :
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。