logo

シマンテック社と連携したクラウド型エンドポイントセキュリティーサービスの提供を開始

富士ゼロックス株式会社 2015年07月06日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年7月6日

富士ゼロックス株式会社

シマンテック社と連携したクラウド型エンドポイントセキュリティーサービスの提供を開始

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、クラウドを活用した新たなサービスとして、中堅・中小規模事業所向けに「オフィスあんしんセキュリティーサービス(Symantec Endpoint Protection Small Business Edition:シマンテック エンドポイントプロテクション スモールビジネスエディション)」を本日より提供いたします。

今回提供するサービスは、株式会社シマンテックが提供するクラウド型のエンドポイントセキュリティーサービス「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013」を利用してPCやサーバーなどの末端端末(エンドポイント)を脅かす脅威から保護するもので、ウイルス・スパイウェア対策機能をはじめ、ファイアウォール、IPS※1(不正侵入検知・防御)、挙動解析、アプリケーション評価などのさまざまな機能をひとつのプログラムに集約し、当社がサービスの導入や立ち上げ、問い合わせサポート、障害切り分けなどの運用サービスと共にお客様に提供します。

ビジネス用途では必須となるセキュリティー管理サーバーをクラウド上で提供しますので、お客様によるサーバーの設置費用、運用管理などが不要なうえ、利用規模に応じた月額利用料金を設定することで低コストでのスモールスタートから始めることが可能となりました。

富士ゼロックスは今後もクラウド基盤サービスのラインアップを強化し、IT環境の変化に対応するお客様のよりよい業務環境をワンストップで提供します。
※1:Intrusion Prevention System

株式会社シマンテック 代表取締役社長 関屋 剛 氏のコメント
今日では、大なり小なり企業の規模にかかわらず、ほぼどのような企業もサイバー攻撃による影響を受けています。中小規模事業所では、セキュリティーに対して投資を行うリソースが不足しており、多くはベストプラクティスを導入するに至っておりません。このような状況は、その企業だけでなく、そのパートナー企業をも高リスクに晒してしまうことになります。富士ゼロックス株式会社が「オフィスあんしんセキュリティーサービス」においてSymantec Endpoint Protection Small Business Editionを採用いただいたことを大変嬉しく思っております。シマンテックの幅広い脅威情報やアクション可能なインサイトを活用していただくことにより、エンドポイントへの攻撃を防ぐことが出来ると考えております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。