logo

著名な社労士 山田 隆司 先生のコラム「社労士会の取り組み~医療機関の労務管理~」が公開

鈴与シンワートは著名な社労士 山田 隆司 先生のコラム「社労士会の取り組み~医療機関の労務管理~」を公開しました。

###

「医療機関の労務管理」と聞いて、疑問を感じる方も多いのではないかと思いますが、業態の特殊性から労働条件の確保やその管理が大変難しいのが実情です。
報道などでも、医師の自殺や医師離れ等による病院閉鎖などが取り上げられ、慢性的な看護師不足など、予断をゆるさない状況にあります。

医療機関においても労働基準法は適用され、診療時間や従事者の勤務シフトも決まってはいるものの、救急外来や入院患者の急変に対し、「苦しんでいる人を見過ごすことはできない」といった、医療従事者の“正義と善意”によって支えられている部分が非常に多く、結果として、過重労働や長時間労働を余儀なくされ、最終的にはバーンアウト(燃え尽き症候群)を呈し、離職してしまうケースが少なくありません。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。