logo

LanScope Cat Ver8.1をクラウドサービス『Cat on SaaS』として提供開始

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)がLanScope Cat Ver8.1をクラウドサービス『Cat on SaaS』として提供開始しました

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長:小峰 伴之、以下「ディーアイエスソリューション」)は、エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口 達也、以下「エムオーテックス」)と協業し、エムオーテックスが提供するIT資産管理・ログ管理ツール「LanScope Cat8.1」を、クラウドサービス「Cat on SaaS」として2015年6月29日(月)から提供いたしました。

マイナンバーをはじめ、機密情報の漏えいリスクに対して、全ての企業でセキュリティ対策が強く求められております。しかしながら、これらを厳重に管理するためは、サーバーの設置や設定作業などの手間や工数を必要とし、ユーザーに負担がかかります。クラウドサービス「Cat on SaaS」を導入することで、ユーザーはIT資産を持たず、システムの運用も必要としないIT資産管理・ログ管理が可能となります。

本サービスではIT資産管理・ログ管理として導入実績No1(※)のソフトウェア「LanScope Cat」を利用し、端末情報の収集はSSLの暗号化を行うことで、セキュリティを確保しています。
※富士キメラ総研「2014年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻」の「IT資産/PC構成管理ソフトウェア」分野

■主な機能
   1)資産管理サービス
   2)操作ログ管理サービス
   3)Webアクセス管理サービス
   4)デバイス制御サービス
   5)アプリケーションID監査サービス

■費用
   1サービス月額500円(税別)から
   ※端末数×サービス数が50以上の企業様にご提供します。

■詳細は以下をご覧ください。
リンク

関連情報
http://www.si-jirei.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。