logo

シミュレーションゲーム「WAR THUNDER」1.51アップデート実装。

株式会社SUBETE 2015年07月03日 11時52分
From PR TIMES



オンラインゲーム会社、株式会社ガイジンエンターテインメントが、開発・運営を行っているシミュレーションゲーム「WAR THUNDER」は本日War Thunder 1.51「Cold Steel」のアップデート配信することをお知らせします。
[画像1: リンク ]



今回のアップデートにより新しいマップ、ゲームモード、20もの新しい戦車、戦闘機が追加され、世界の約1000万人のユーザーはこのアップデートにアクセスすることができます。今回のアップデートにより、War Thunderに初めての地上戦用冬季マップが追加されます。場所の設定はフィンランドとなっており、廃棄されたフィンランドの村が用意する待ち伏せのポイントが極寒の地の厳しい戦闘を引き立てます。
[画像2: リンク ]



さらに今回新しいゲームモード「Enduring Confrontation」がリアリスティックバトル(RB)とシミュレーターバトル(SB)用に追加され、プレイヤーは勝利条件を達成するまで無限にリスポーンすることができたり、毎度プレイヤーがゲームを抜けるたび、他のプレイヤーがバトルに途中参加することができます。
また、今回のアップデートでは新しい時代の戦車を実装します。その中で主な戦車としてはソビエトの「T-10M」とドイツの「レオパルド-1」そしてアメリカのM60などの第二次大戦後、冷戦時代の戦車が主となっています。

[画像3: リンク ]

今回のアップデートでは20の新しい戦車、戦闘機が追加されます。その中で、今回追加される主な航空機はMK IVファイアブランド、P-51マスタングの攻撃/急降下爆撃仕様のA-36アパッチ、そして日本の恐るべき速度、上昇力、高空制空力を兼ね備えた J2M5、雷電33型などがあります。


[画像4: リンク ]

ガイジンエンターテインメントは今回のアップデートで指揮(オーダー)システムをABとRBに実装し、このシステムを使う全てのユーザーはゲーム中にチームの指揮をとることができます。指揮官がオーダーを発令し、それを他のプレイヤーが達成すると報酬が受け取れるというような内容になります。例えばオーダーの一つ「Jack of All Trades」が発動された場合、戦闘機、爆撃機、攻撃機、軽/中戦車、SPG、対空砲 の中から三種類の敵目標を破壊すれば報酬を獲得することになります。

新システムであるオーダーについては下記の公式サイトに詳しく記載してあります。

リンク

今回のアップデートの動画は下記で確認できます。

リンク

アップデートの詳細は下記で確認できます。

リンク

フィンランドマップ情報:リンク

新しい時代(ランク)の乗り物:リンク

新しいゲームモード Enduring Confrontation Mode:

リンク

「ウォーサンダー」は、公式サイトから無料でダウンロードできます。空中と地上で繰り広げられる壮大なバトルの快感をぜひ体感してください。

リンク THUNDER.com

[画像5: リンク ]





株式会社ガイジンエンターテインメントとは
ウォーサンダーを始め、スターコンフリクト、その他PC、Mac、PS4、PS3、Xbox 360、iOS、Androidタイトルのロシアゲーム開発・運営会社。
KRI Awards、Gamescom Award、マスメディアやゲーム業界アワードなど多数受賞。

会社名:Gaijin Entertainment

所在地:Snezhnaya street, b 26, 7 floor129323, Moscow, Russian Federation

事業内容:PC、Mac、PS4、PS3、Xbox 360、iOS、Androidのゲーム開発・運営会社

公式ホームページ : リンク

公式動画:リンク


[画像6: リンク ]

■株式会社SUBETE 会社概要

社名 SUBETE CO.,LTD.   リンク

所在地:東京都渋谷区渋谷1丁目6番4号 The Neat青山ビル4F

代表者:李美林

事業内容:国内及び海外モバイルアプリマーケティング及び、運営


■本件に関するお問い合わせ先

株式会社SUBETE

subete-games 広報宛

E-Mail : info@subete-games.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。