logo

「面白いニッポンビデオ大賞(The Omoshiroi Nippon Video Award)」受賞作決定

株式会社ジェンコ 2015年07月03日 12時00分
From PR TIMES

株式会社ジェンコ(東京都港区・代表 真木太郎)と世界コスプレサミット実行委員会(実行委員長 株式会社WCS 代表取締役 小栗徳丸)は、「面白いニッポンビデオ大賞(The Omoshiroi Nippon Video Award)」の受賞作2本を決定致しました。



[画像1: リンク ]



「面白いニッポンビデオ大賞」( リンク )は、海外で見つけた“面白い”日本風の場所、店舗、食べ物などを動画で撮影・編集・投稿してもらうというコンテストです。世界コスプレサミット実行委員会が主催するイベント「世界コスプレサミット(以下WCS)」(*1)とのタイアップにより、2015年4月13日から6月30日まで作品を募集したところ、42もの国や地域から163点の応募がありました。応募者の居住地は、米国、英国、カナダ、オランダをはじめ、スシニンジャ(*2)ブームの巻き起こっているメキシコやブラジル、エクアドルやインドネシア、サイパンにまで及んでいます。

寄せられた動画では、各国で作庭された「日本庭園」のような名所や、スシをはじめ、たこ焼き、お好み焼き、ラーメンやトンカツなどを提供する和風レストランほか、ジャパン・フェスティバルといったニッポンの文化に触れられるイベントも紹介されていました。

また、ニッポンのアニメやマンガがいかに自国で愛されているかが分かるものや、ストーリー仕立てのもの、さらには投稿者がスシニンジャに扮した茶目っ気たっぷりの作品もありました。

いずれも力作ぞろいでしたが、大賞に選ばれたのは、自国とそこで愛されているニッポンのカルチャーをコミカルに紹介したカナダのDem Cosplay Girlsさんによる「Omoshiroi Nippon Video Award Entry~ DemCosplayGirls」と、訪れていた日本人観光客を巻き込みつつ地元で愛されているニッポン“風”レストランを紹介したフィリピンのKuro Hime Hitsugayaさんによる「Japan In Cebu: Omoshiroi Nippon Video Award Entry」でした。


Omoshiroi Nippon Video Award Entry~ DemCosplayGirls
[動画1: リンク ]



Japan In Cebu: Omoshiroi Nippon Video Award Entry
[動画2: リンク ]



全投稿作品は、スシニンジャ公式サイトの「List of Posted( リンク )」からご覧いただけます。

大賞受賞者には、2015年8月1日~3日に開催されるWCSチャンピオンシップの観覧を含むWCSへの招待(渡航費用、及び7月30日から8月5日までの滞在費用含む)ほか、温泉ツアー、声優・朴璐美さん(『鋼の錬金術師』エドワード・エルリック、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエ、『スシニンジャ』マグロ役)との歓談といった特典が用意されます。


*1 世界コスプレサミット( リンク
世界コスプレサミット実行委員会が主催する世界的なコスプレイベント。2015年は7月25日のラグーナテンボス(蒲郡市)におけるオープニングセレモニーから始まり、8月1日~2日には愛知芸術文化センターやオアシス21(いずれも名古屋市)で世界コスプレチャンピオンシップほかさまざまなイベントが催される。初開催は2003年。2014年のメイン会場・オアシス 21 には 2 日間 で約 23 万人を動員。世界各国で代表選考会イベントが行われ、その観客総動員数は 120 万にのぼった。2015年は 26 の国と地域から参加者が集まる。


*2  スシニンジャ
株式会社ジェンコが2014年7月からWeb上で展開しているフル3DCGアニメーション。かつて存在したという最強の“スシニンジャ”を夢見る「イクラ」「マグロ」「タマゴ」の3人が、「フード・ギャラクシー」という架空の世界で、「幸せの調味料」を探しているプリンセスと共に冒険をし、仲間を集めながら本物のスシニンジャへと成長していく物語が展開される。序章が全3話で公開済み( リンク )。日本の文化を海外に伝えるため、Webを中心として積極的に発信しているほか、海外のアニメイベントでも上映され、好評を博している。


[画像2: リンク ]



【株式会社ジェンコについて】
1997年に創業した、アニメーション企画プロデュース専門会社。これまで『ソードアート・オンライン』『千年女優』『のだめカンタービレ』など、多数の作品を手がけている。“心に響く”アニメ作品を送り出すだけでなく、作品プロデュースを通じて培ったノウハウを活かしながら、新たなコンテンツ・ビジネスに挑戦中。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。