logo

清泉女子大学の「旧島津公爵邸竣工100年 記念フォトコンテスト」入賞作品が決定 -- 7月18~31日に入賞作品の展示会を開催

清泉女子大学 2015年07月02日 08時05分
From Digital PR Platform


清泉女子大学(東京都品川区)が、本館として利用する「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」の竣工100周年を記念して実施していた「旧島津公爵邸竣工100年記念フォトコンテスト」の入賞作品がこのたび決定し、ホームページで公開された。応募総数は一般の部1,159点(応募人数222名)、学生の部179点(同26名)。なお、7月18日(土)~31日(金)まで、同大1号館1階ロビーで入賞作品の展示会が行われる。


 このフォトコンテストは、日本の近代建築の礎を築いた英国人ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852-1920)晩年の代表作として知られ、2012年からは東京都指定有形文化財に指定されている清泉女子大学本館(旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館)の竣工(1915年)100年を記念し開催されたもの。
 審査委員長に土田ヒロミ氏(写真家)を招き、審査員による厳正なる審査の結果、下記の作品の入賞が決定した。

 なお、7月18日(土)に授賞式を執り行い、同日から7月31日(金)まで、同大1号館1階ロビーにおいて入賞作品の展示会(平日9:00~17:00、土日祝休み。18日のみ9:00~13:00まで入場可)を開催する。

 入賞作品の概要は下記の通り。

■旧島津公爵邸竣工100年記念フォトコンテスト 審査結果

 一般の部:応募人数222名、応募作品数1,159点
 学生の部:応募人数 26名、応募作品数 179点

■一般の部
◎グランプリ(1作品)
『新緑』 澤田 隆

◎準グランプリ(4作品)
・清泉女子大学学長賞
『絆』細川 弘明
・島津宗家記念財団賞
『Honkan and Spring Renewal』クリストファー・ベイン
・鹿児島県賞
『イオニアへ導く光』高木 一二
・土田ヒロミ特別賞
『コンドルの肖像』廣瀬 裕二

■学生の部
◎グランプリ(1作品)
『日常』鈴木 舞夕(清泉女子大学)

◎準グランプリ(4作品)
・清泉女子大学学長賞
『晩秋の陽光』笠間 あこや(清泉女子大学)
・清泉女子大学泉会賞
『見上げれば』岩崎(崎の字は立つ崎) 愛未(清泉女子大学)
・清泉女子大学麗泉会賞
『せーの』西村 明結加(富士見中学高等学校)
・聖心侍女修道会賞
『見守られた空間』斎藤 奏絵(富士見中学高等学校)

※受賞作品、およびその他の入選者については下記のホームページをご覧ください。
 リンク

(参考)清泉女子大学が「旧島津公爵邸竣工100年記念フォトコンテスト」を開催――4月5日にはオープニングイベントも
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 清泉女子大学 学長室 フォトコンテスト係
 TEL: 03-3447-5551
 FAX: 03-5421-3274
 E-mail: photo@seisen-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。