logo

京都水族館、JR西日本と共同イベント『発車オーライ!梅小路』「東急ハンズ」監修の鉄道展示ブースが登場


「京都水族館」(京都市下京区、館長:下村 実)は、「西日本旅客鉄道株式会社」(大阪市北区、代表取締役社長:真鍋 精志、以下JR西日本)と、「鉄道」と「京の夏」をテーマにした共同イベント『発車オーライ梅小路!』を2015年7月18日(土)~9月27日(日)の期間限定で開催しますのでお知らせします。
本共同イベントは、2016年春に予定されている「京都鉄道博物館」開業に向けた梅小路公園周辺エリアの活性化を目的とし、京都市などが主催する「京の夏の旅」40周年を記念して行われ、京都水族館内で車両模型や「盆ラマ」作品などの展示やワークショップを開催します。
車両模型の展示は「東急ハンズ」が監修し、色々な角度から覗き込んだり走行する車両模型と同じ目線で見ることができる体験型鉄道展示ブースを設けます。小さな鉄道が夏の京都をイメージした不思議な空間で走る様子を、「のぞいてみよう・のってみよう・くぐってみよう・すわってみよう・やってみよう」というコンセプトのもと、実際に体を動かして体験いただけます。また、形や模様が鉄道車両を連想させる「ファイヤースパイニーイール」や「スポッテッドナイフフィッシュ」など水族館ならではのいきものの展示もあり、水族館と鉄道のコラボレーションを楽しめます。
「京都鉄道博物館」の開業に向けて賑わいを見せる梅小路公園内の「京都水族館」で、期間限定開催される鉄道イベントをぜひお楽しみください。

■JR西日本×京都水族館共同イベント『発車オーライ梅小路!』概要
◎「東急ハンズ」監修の体験型鉄道展示ブース
(企画・デザイン:株式会社アワーカンパニー)
1.SL模型が走るジオラマ展示
小さな鉄道が夏の京都をイメージした不思議な空間で走る様子を「のぞいてみよう・のってみよう・くぐってみよう・すわってみよう・やってみよう」というコンセプトのもと実際に体験できる展示ブースには、中央に梅小路運転区所属のSL模型C56蒸気機関車が走る幅約2.4m×奥行き1.6mのジオラマ展示台を設置します。展示台の下からもぐりこんでジオラマの中に顔を出すことで走行するSL模型と同じ目線で見ることができます。
2.盆栽風鉄道ジオラマ「盆ラマ」の作品展示
ジオラマ展示台の周りには鉄道ジオラマ作家の川上哲生氏が「京都鉄道博物館」と「京の夏」をテーマに樹木や草などを盆栽風に表現し制作した鉄道ジオラマ「盆ラマ」8作品を展示し、展示台に高低差をつけることで色々な方向から覗き込むことができます。
3.北陸本線歴代主要車両の模型展示(展示協力:KATO)
車両模型展示では、共同イベントと同時期に開催中の『恐竜たちと水族館2015』において協力を得ている「福井県立恐竜博物館」のある北陸と関西を結ぶ北陸本線をテーマに485系初期型雷鳥や681系特急用交直流電車サンダーバードなど、北陸本線歴代主要車両の先頭車両模型10車両を、色々な角度から見ることができる展示になっています。
4.鉄道車両に形や模様が似たいきものを展示
細長い体にとがった頭部が鉄道車両を連想させる「ファイヤースパイニーイール」や、体の模様が鉄道車両の窓に見える「スポッテッドナイフフィッシュ」などのいきものを展示します。
5.イラストレーター寺田晶子氏による梅小路周辺エリアをイメージした壁面装飾
本イベントにおいてイメージイラストを手がける寺田晶子氏による梅小路周辺エリアをイメージしたイラストマップを展示ブース壁面に特別装飾します。

寺田晶子 Shoko Terata
茨城県生まれ。大学・大学院で建築設計を専攻し、卒業後、会社勤務を経て2008年よりフリーで活動。広告や雑誌、企業や店舗のビジュアルイメージイラストなどを手がける。

◎盆栽風鉄道ジオラマ「盆ラマ」の制作体験ワークショップ
盆栽風鉄道ジオラマ「盆ラマ」の制作体験
鉄道ジオラマ作家の川上哲生氏に、直接制作方法を教わりながら実際に「盆ラマ」をつくるワークショップを開催します。

開催日 : 2015年7月19日(日)、8月17日(月)~21日(金)、24日(月)~28日(金)、31日(月)、9月5日(土)、12日(土)、19日(土)、20日(日)、26日(土)
開催場所 : 展示ブース内特設スペース
参加費 : 1,000円(税込) (※京都水族館への入場料は別途必要です)
※申し込み、定員などの詳細は京都水族館のホームページをご確認ください。

川上哲生 Tetsuo Kawakami
1965年11月19日生まれ。鉄道ジオラマ作家、鉄道絵画作家。
2歳の頃に「蒸気機関車C55」を初めて見てから鉄道の魅力にとらわれ、独学で蒸気機関車などを描いた鉄道絵画などを発表するなど数々のメディアに取り上げられている。

◎「京都鉄道博物館」公式キャラクターデザインの投票BOX 他
「京都鉄道博物館」公式キャラクターデザインの投票BOX
京都5芸大(京都嵯峨芸術大学、京都市立芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、成安造形大学)の学生がデザインした「京都鉄道博物館」公式キャラクターの投票箱を設置します。投票に参加いただくことで、「京都鉄道博物館」開業に向けた期待感が高まります。


《施設概要》
施設名称 : 京都水族館

運営会社 : オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:松本 哲男)

運営業務受託会社 : オリックス水族館株式会社(本社:東京都港区、社長:三坂 伸也)

場所 : 京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

営業時間 : 10:00~20:00
※ただし、GW、夏休み、年末年始は変更あり
※入場受け付けは閉館の1時間前まで
※チケットおよび年間パスポートの購入・手続きの受け付けは閉館の1時間前まで
※気象状況および貸切営業等により営業時間を変更する場合あり

休館日 : なし(年中無休)
※施設点検、気象状況などで臨時休業あり

料金 (消費税込み) :
【個人のお客さま】
●一般料金
2,050円(大人)、1,550円(大学・高校生)、1,000円(中・小学生)、600円(幼児※3歳以上)
※中学生、高校生、大学生の方は、チケット売り場で生徒手帳をご提示ください。
※障がい者手帳をご提示の方とご同伴者(1名様)は、入場料金が一般料金の半額(一円単位は四捨五入)になります。

●年間パスポート
4,100円(大人) 、3,100円(大学・高校生)、2,000円(中・小学生)、1,200円(幼児※3歳以上)
※中学生、高校生、大学生の方は、チケット売り場で生徒手帳をご提示ください。
※障がい者手帳をご提示の方は、年会費が半額となります。

【団体のお客さま】
●一般団体(20名様以上)
1,850円(大人)、1,400円(大学・高校生)、900円(中・小学生)、540円(幼児※3歳以上)
※事前のご予約なく団体でご来館いただいた場合、一般の列にお並びいただくことや、混雑状況によりご入場をお断りする場合があります。

●学校団体 ※引率の教員の方は無料(一部上限あり)
1,200円(保護者・高校生以上)、720円(中学生)、500円(小学生)、360円(園児※0歳から有料)
※学校の行事としてのご入場に際して適用をいたします。

アクセス :
<徒歩の方>
・「京都」駅中央口より西へ徒歩約15分
・JR山陰本線「丹波口」駅より南へ徒歩約15分
<バスをご利用の方>
・「京都」駅より、京都市バスで約8分「七条大宮・京都水族館前」停下車、京阪京都交通で約5分「七条大宮・京都水族館前」停下車、または西日本JRバスで約5分「七条大宮・京都水族館前」停下車
 土日祝は京都市バス「水族館シャトル」「水族館・東山ライン」「東寺・水族館・西本願寺EXPRESS」「岡崎・東山・梅小路Express」が運行(乗車時間約5分)
・阪急「大宮」駅より、京都市バスで約8分「七条大宮・京都水族館前」停下車
・阪急「桂」駅より、京阪京都交通で約16分「七条大宮・京都水族館前」停下車
・京阪「七条」駅より、京都市バスで約14分「七条大宮・京都水族館前」停下車
 土日祝は京都市バス「水族館・東山ライン」が運行(乗車時間約9分)
・地下鉄・JR「二条」駅より、京都市バスで約13分「七条大宮・京都水族館前」停下車

館内構成 : 京の川ゾーン、かいじゅうゾーン、ペンギンゾーン、大水槽、海洋ゾーン、交流プラザ、イルカスタジアム、山紫水明ゾーン、京の里山ゾーン

=========================================================================
<本件に関するお問い合わせ先>
京都水族館 広報室 蔵敷・名倉
TEL:075-354-3116 FAX:075-354-3152 MAIL:press-kyoto@orix-aqua.co.jp
=========================================================================

※京都水族館はオリックスグループが運営する施設です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事