logo

株式会社ナビタイムジャパン、カオナビを導入。人材データベースで一人ひとりのスキル・経験・能力等を可視化。社員間で共有できるツールとしても活用!

株式会社カオナビ 2015年07月01日 12時30分
From DreamNews

2015年7月1日、株式会社カオナビ(本社・東京都港区、代表取締役・柳橋仁機)は、株式会社ナビタイムジャパン(本社・東京都港区、代表取締役社長・大西啓介)が、カオナビを導入したことを発表いたします。

 株式会社ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションサービス「NAVITIME」をはじめとするさまざまな移動支援サービスを提供しています。圏外でも使える本格派カーナビアプリ「カーナビタイム」、日本を訪れる外国人観光客に向けた英語表記のナビゲーションアプリ「NAVITIME for Japan Travel」といった個人向けサービスのほか、ナビゲーション技術を活用した法人向けビジネスソリューションの提供も行っています。すべてのサービスにおけるユニークユーザー数は月間2700万に上ります。

 ナビタイムジャパンが提供するサービスが人々の移動や物流に欠かせないツールとなった昨今、同社ではさらなる事業の拡張を視野に入れた組織のフラット化が行われました。マネージャーやリーダーといった役職を廃止したことにより、社員間のコミュニケーションが円滑に進み、サービスのリリースや対応がより迅速にできるといった効果が生まれています。現在は、一人の社員が、同時に複数のプロジェクトのメンバーとして携わることも増え、人材活用の柔軟性も高まったため、個々のスキルや経験をさらに深く把握し、共有できる仕組みが必要だと考えるようになってきました。そこで、人材活用に必要な情報を可視化し、会社全体で共有できるデータベースとしてカオナビを導入しました。

■システム導入の狙い
・全社員のスキル・経験・能力を網羅したデータベースを作成・可視化し、部署やプロジェクトの異動・配置といった人材活用をよりスムーズに進めるため。
・社員の入社後の経歴・経験などの情報を共有することで、若手社員に向けたロールモデルの開示を行うため。
・社員の顔と名前が一致しないリスクを回避し、メンバー間の相互理解を深めるため。

■カオナビの選定理由
・直感的で使いやすいインターフェースであること。すべての機能を把握していなくても使っていくうちに何ができるのか、どういった機能があるのかを発見できる。
・社員の顔をデータベース化することで必要に応じてすぐに情報が抽出できるので、社員数が増える中で「名前と顔が一致しない」というリスクを回避できること。

■株式会社ナビタイムジャパンについて
会社名 :株式会社ナビタイムジャパン
所在地 :〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38南青山東急ビル
設立年月日:2000年3月1日
代表者 :代表取締役社長 大西 啓介
URL :リンク
事業内容 :ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発、経路探索エンジンのライセンス事業、経路付地図配信ASP事業、ビジネスナビタイム事業、法人向けソリューション事業、Webメディア事業、テレマティクス事業、交通コンサルティング事業、海外事業

■カオナビについて
誰がどこにいるか? 誰が何をできるのか? そもそもあれは誰か?
顔が見えない組織は、成長企業が抱える大きな課題です。カオナビは人材の抜擢・配置・評価・育成などの人材開発を目的とした人材データベースです。また顔写真を使った直感的なインターフェースで人材の経験や能力、個性や考えといった人材情報をスピーディに把握することが出来ます。サイバーエージェント様、プラン・ドゥー・シー様、gumi様など、多くの成長企業で人材マネジメントのインフラとしてご活用戴いています。

カオナビとは           リンク
各種お問合せはこちら       リンク
セミナーお申込みはこちら     リンク

■本件に関するお問い合わせ
株式会社カオナビ
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目27番8号 南青山第2シティビル3階
TEL:03-6434-5305 FAX:03-6434-5306 MAIL:info@kaonavi.jp
担当: 鈴木


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事