logo

Comarchとトーマス・クックの提携が強化

Comarch 2015年07月01日 11時55分
From 共同通信PRワイヤー

Comarchとトーマス・クックの提携が強化

AsiaNet 61045

Comarchとトーマス・クックの提携が強化

クラクフ(ポーランド)、2015年7月1日/PRニュースワイヤー/ --
世界の観光産業の先駆者であるトーマス・クック・グループは、資源拡大サービスの提供、データセンターの移行や社内の日常業務の支援を行うソフトウェア会社・ITサービス業者のComarchを提携先に選びました。

リンク

トーマス・クックとComarchは協業して、既に新しい予算モデルへのサービス移行を首尾よく進めており、当初合意した期日より2か月早く、サービス管理、データセンター、ネットワーク&テレフォニーサービスの複雑な移行を完了させています。また、Comarchは、トーマス・クック拡張チームの一員としてデータセンターなど日常業務サービスの提供を開始しました。

今回の提携は結果的にトーマス・クックの継続的なIT運用コストの大幅な削減につながるとともに、業務ニーズに基づいて柔軟な対応とITサービスの提供を促進しています。
トーマス・クック・グループのIT・サービスオペレーション部門のグループ責任者であるゲアリー・ダッシュウッド氏は次のように説明しています。「Comarchでの実施を決定したモデルは、非常に大きな成功であることが証明されています。Comarchほどプロジェクトに対して献身的で熱心な業者に出会うことはめったにありません。Comarchは、真に世界的なITサービス業者であり、当社のパートナーに選んだことに非常に満足しています。」

Comarch について
1993年に設立されたComarchは、ソフトウェア会社・ITサービス業者であり、小売、電気通信、T&T、石油&ガス、金融サービス業における大手企業に対して20年以上にわたりソリューションを提供しています。ワルシャワ証券取引所に上場し、Comarchは、世界で4,200人以上のスタッフを雇用、3,500以上のプロジェクトを完了しています。資源拡大サービスは、インフォーメーション&コミュニケーションテクノロジー部門が提供しており、この部門は最も成功している部門の一つであり、データセンター、統合&アウトソーシング、ITネットワークサービスに焦点を置いています。

詳細は下記でご覧になれます:
リンク
リンク

トーマス・クックについて
1841年に設立、ロンドンに本社を置くトーマス・クック・グループ(Thomas Cook Group Plc)は、レジャー・旅行・観光産業におけるトップ企業の一つです。ロンドン証券取引所のFTSE250種総合株価指標の構成銘柄であり、20か国以上で事業を行い、その中核市場では首位か第2位の座に位置しています。同社は、世界の旅行産業の頼りになる先駆者として、年間2,000万人以上の顧客に感動的な個人旅行を提供することに重点を置いています。トーマス・クック・グループは、全ての行動の中心に顧客を置くという同社の企業理念に従って働いている3万人近いスタッフによって支えられています。

詳細は下記でご覧になれます:
リンク

情報源:Comarch


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。