logo

パイプドビッツ、スパイラル(R)マイナンバートータルソリューションを発表 ~セキュアなクラウド環境で現場に最適なマイナンバー管理を実現しよう~


 株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、2015年7月1日に、セキュアなクラウド環境で各社各様の現場に最適なマイナンバー管理を実現する「スパイラル(R)マイナンバートータルソリューション」を提供開始しますので、お知らせいたします。

リンク


■1.背景

 マイナンバー制度開始に伴い、企業は、特定個人情報にあたるマイナンバーの適切な管理のために、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(以下「ガイドライン」)」に準拠した組織的安全管理措置、人的安全管理措置、物理的安全管理措置、技術的安全管理措置の4つの安全管理措置が義務付けられます。しかしながら、どこからはじめて何をどこまで対応すればよいのか、残された時間が短くなる中で、自社に最適な運用はどうすべきか、コストや人的リソースとの最適な折り合いはどこなのか、課題が山積しているのが現状です。

 企業は、業務フローの整備やシステム構築を2015年内に整備する必要があるものの、パイプドビッツが2015年6月に開催したマイナンバーセミナーの事前アンケートでは、71%にのぼる企業が、社内体制の整備にあたっての課題を整理できていないとわかりました。

 そこでパイプドビッツは、「スパイラル(R)」を基盤としたマイナンバー管理システムにとどまらず、社内の業務フローの整備から運用開始後の見守りまでワンストップで支援する「スパイラル(R)マイナンバートータルソリューション」の提供を通じて、1社でも多くの企業が円滑に、ガイドラインに準拠したマイナンバー運用体制を整備できるようにサポートしてまいります。



■2.概要
「スパイラル(R)マイナンバートータルソリューション」は、課題の整理、社内体制整備、運用体制に合わせたマイナンバーの収集、管理システム、運用開始後の見守りまで、トータルで支援いたします。


■3.主な特長

(1)社内の業務フロー構築からサポート
 各社各様の業務や特性を踏まえて、ガイドラインに沿った運用フローの作成から取扱規程の策定、従業員研修までサポートします。とりわけ、どこから課題を整理して自社内のマイナンバー対応を進めるべきか不安の方におすすめです。

(2)ガイドライン準拠のセキュリティ
 マイナンバー管理システムの基盤となる「スパイラル(R)」は、9年前から専門家によるWebアプリケーション診断を実施し、9回ともすべて最高ランクを取得しています。官公庁や自治体をはじめ、100以上の金融機関に導入しているプラットフォーム上に、ガイドラインに準拠してマイナンバー管理システムを構築します。

(3)現場に合わせたシステム構築
 「スパイラル(R)」は、PaaSならではの柔軟なカスタマイズ性があるため、マイナンバー管理システムは、登録項目や認証方法、オンライン上での収集方法など、現場にあわせた仕様設計から改修まで、短期間・低コストで実現します。
(4)今後の法改正にも対応
 マイナンバーは今後、利用用途拡大が見込まれます。クラウド(PaaS)での提供となるマイナンバー管理システムは、法改正にも柔軟に対応できます。

 今後もパイプドビッツは、より安心して便利にお使いいただけるサービス提供に努めてまいります。


■4.「スパイラル(R)」とは

 「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
 なお、「スパイラル(R)」はお客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。
リンク



■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
経営ソリューション事業部 担当:高山、中村
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail :keiei@pi-pe.co.jp


■ 報道関係者様お問合せ先
株式会社パイプドビッツ リンク
経営企画室 広報担当:立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail :pr@pi-pe.co.jp
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事