logo

クラウド型電話営業支援システム「FUSION Outbound Pro」の提供開始


楽天グループの通信会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:平井 康文、以下、「フュージョン」)は、電話営業支援に特化したクラウド型のCTI(注1)「FUSION Outbound Pro(フュージョン アウトバウンドプロ)」の提供を、本日から開始します。

「FUSION Outbound Pro」は、発信業務を効率化できる様々な機能を、使いやすさを追求しながらひとつに統合し、クラウド型で低価格を実現した電話営業支援システムです。オペレーター視点での操作性や、管理者視点での運用のしやすさなどを備えているため、「架電業務を自動化し、見込み顧客へ効果的にアプローチしたい」、「日々の業務を効率化し、生産性の向上を図りたい」などの要望に応える、電話営業の効率化に最適なシステムです。

フュージョンは2012年からクラウド型コンタクトセンターシステム「FUSION Connect(フュージョンコネクト、以下、「コネクト」)」を提供しています。コネクトは現在、企業内コンタクトセンターを中心に、累計600社を超える企業に導入されています。「コネクト」に加え、このたび提供を開始した「FUSION Outbound Pro」で、日本のテレマーケティング市場に革新的なサービスを提供してまいります。

「FUSION Outbound Pro」の特長
1.電話営業に特化した便利な機能を「オールインワン」で提供
電話営業に必要な標準機能だけでなく、全通話の録音や管理者による通話のモニタリング、業種・商材にあわせた操作画面のカスタマイズなど、一般的に有料オプションとして提供されることの多い機能が標準パッケージに含まれています。有料オプションとして、「プレディクティブコール機能」(注2)の提供も可能です。

2.カスタマイズでオペレーターの操作も簡単
業種・商材に合わせたスクリプト表示、架電結果を入力するための項目や選択肢内容のカスタマイズが、管理画面上で簡単に設定できます。これによりオペレーターは、架電結果をプルダウン方式で選択するだけで登録でき、業務の簡素化、効率化を図ることが可能です。また、管理者は発信件数、未発信件数、選択された項目結果ごとの件数が一目でわかり、再架電の管理もしやすいため、電話営業業務の効率的な管理、分析が可能です。

3.インターネット環境があれば、場所を選ばず利用可能
クラウド型サービスのため、インターネット環境があればどこでも利用することができ、テレワークなどの業務形態にも柔軟に対応できます。更に「ブラウザフォン」を採用しているため、デバイスごとにアプリやソフトウェアをダウンロードする手間も不要です。

4.安心の24時間365日のサポート体制
本サービスのサーバーは24時間365日、有人監視されており、万一の故障時も検知から復旧まで迅速な対応が可能です。フュージョンは通信事業者として、050、0120番号の提供から本システム、電話機の手配までワンストップで提供し、電話営業業務をトータルにサポートします。

(注1)CTI(Computer Telephony Integration)とは、コンピューターと電話機能を統合させるシステムのことです。
(注2) 「プレディクティブコール機能」とは、複数回線を利用して対象のリストに一斉に架電し、繋がったコールのみをアポインターに接続する機能のことです。

「FUSION Outbound Pro」のご利用料金
■初期費用: 30,000円~
■月額費用: 8,000円~/席

【「FUSION Outbound Pro」サービスサイト】
リンク

【フュージョン・コミュニケーションズ株式会社について】
「Everything Over IP」の実現をコンセプトとして、固定通信 (マイライン)、IP 電話、モバイル (楽天モバイル)、インターネット接続サービスを提供する楽天グループの通信事業会社です。IP プラットフォーム上での音声やデータ、コンテンツやアプリケーションなどの新たな可能性を創出すべく、更なる事業展開、拡大を目指します。 詳細は リンク をご覧ください。

[リリースに関するお問い合わせ]
フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 経営企画部 吉賀、溝口
Eメール:pr@fusioncom.co.jp   TEL: 050-5518-8355

※本リリース中に記載の会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します。
※報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがあります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事