logo

Infinera社は大容量データセンターの相互接続のためのCloud Xpress製品群を充実

インフィネラ・ジャパン株式会社 2015年06月29日 11時13分
From PR TIMES

Intelligent Transport Networksの開発者であるInfinera社は、Cloud Xpress製品群の新製品を発表しました。この製品は従来のCloud Xpressプラットホームの10ギガビット(GbE)と40ギガビット(GbE)製品と同じ大きさの筐体で、100ギガビットイーサネット転送(GbE)が可能です。

Infinera Corporation

Infinera社は大容量データセンターの相互接続のためのCloud Xpress製品群を拡充

カリフォルニア州サニーベール -2015年6月23日: Intelligent Transport Networksの開発企業であるInfinera社は、Cloud Xpress製品群の新製品を発表しました。この製品は従来のCloud Xpressプラットホームの10ギガビット(GbE)と40ギガビット(GbE)製品と同じ大きさの筐体で、100ギガビットイーサネット転送(GbE)が可能です。Cloud Xpress製品群は、特にクラウドサービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、インターネットエクスチェンジサービスプロバイダー、大企業、および大規模データセンター事業者のニーズを応えるように設計されています。

Infinera社の最初のCloud Xpress製品群は2014年12月に発表されています。今回の製品もInfinera社独自のメトロイーサネット最適化技術であるoPIC(optical Photonic Integrated Circuit=光学集積回路)を採用しており、コンパクトな2台ラック構成で最速毎秒500GbのDWDMデータセンター相互接続サービスを提供することができます。この新しい100GbEのCloud Xpress製品により、事業者は容易にネットワーク操作を実行でき、ネットワーク容量を容易に拡張することができます。また、この製品は低消費電力のため、運用費を低く抑えることができます。この新しいCloud Xpress製品群の追加により、お客様はそのニーズに合わせて、10GbE、40GbE、および100GbEのクライアントサイドインタフェースから選ぶことができます。

この100GbE製品に加え、Infinera社はセキュリティを向上させるためのMACsec暗号化製品、Software Defined Networking(SDN)のためのNETCONF&YANGサポート、およびデータセンターの自動化を可能にするLLDP発見プロトコルを含むCloud Xpress関連製品を発表しました。

IHS社、Carrier Transport Networking、調査担当エグゼクティブ、アンドリュー・シュミット氏(Andrew Schmitt)は次のように語っています、「100 GbEは、ルータの値下がりによりようやくデータセンターのスイッチとして採用され始めました。これにより、メトロデータセンターの相互接続のための100 GbE技術を使用したルータの需要が更に拡大することが期待されます。Infinera社のCloud Xpress製品群を構成する既存の10GbEと40GbE製品に、今回の100GbE製品を追加したタイミングは良かったと思います。また、この製品カテゴリーにおいてリーダーの地位を保持することを意味します。」

また、Equinix社、技術副社長、テリー・フランシス氏(Teri Francis)は次のように語っています、「企業がCloudとそのアプリケーションの採用を加速するに従って、お客様はバンド幅の拡張を私たちに要求してきます。Infinera社のCloud Xpressは、非常に低消費電力と省スペースにも関わらず、データセンターを相互接続するための最も高密度とテラビット単位での柔軟なスケーラビリティを提供するプラットホームです。これにより、お客様はメトロイーサネットを使い、データセンター間のクラウドとネットワーク・ノードに迅速・効率的にアクセスすることができます。この新しい100 Gbpsインタフェースは確実にCloud Xpressの潜在的なアプリケーションを広げるでしょう。」

Infinera社、クラウドネットワーク戦略と技術の上席副社長、スチュー・エルビー氏(Stu Elby)は次のように語っています、「Cloud Xpressのプラットホームはデータセンター相互接続市場専用に作られています。その技術は弊社のユニークなPICとスーパー・チャンネル技術に基づいており、そのため、Cloud Xpressはわずかな電力で、スケーラビリティと簡単さを提供します。」

Infinera社のCloud Xpressは、お客様に超高密度、簡単なネットワーク操作、および低消費電力のソリューションを提供し続けています。Cloud Xpressはわずか2台ラック構成で毎秒1テラビット(1Tb/s)の入出力容量を提供し、ライン側では最大毎秒500 GbEの容量を、クライアント側では10 GbE、40 GbE、または100 GbEのインタフェースを提供します。Cloud XpressはGb/s当たり1ワットで稼動しますので、非常に低消費電力です。そのため、世界のデータセンターの稼動環境において非常に高密度のラック構成が可能です。そのラック・スタック構造とソフトウェアアプローチにより、SDN APIを使用すると既存のクラウドシステムに容易に統合することができます。
また、この新しいCloud Xpress製品群は、大規模データセンター事業者が要求している幾つかの重要な機能を追加しています。NETCONF&YANGサポート機能によりCloud Xpressをデータセンターの自動化と管理システムに円滑に取り入れることができます。WAN内の隣接しているスイッチとルータを自動発見するLLDPプロトコル認識機能は効率的な接続性とトラブルシューティングをサポートし、MACsecはデータの安全性を保つためのエンドツーエンドの暗号化をサポートします。これらのCloud Xpress機能はデータセンター環境における使いやすさを可能にします。

現在、クラウドで採用されているサーバとストレージのインフラストラクチャと同様のネットワークを提供することにより、Cloud Xpressはクラウドサービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、インターネットエクスチェンジサービスプロバイダー、および他の大規模なデータセンターのオペレータがこれらの機能を円滑に導入することを可能にします。その結果、これらのユーザーは仮想化したインテリジェントなバンド幅を実現でき、迅速に異なるサービスをお客様に提供することができます。

●お問い合わせ先:
*メディア:の皆様
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel:+1(916)595-8157
avue@infinera.com

*投資家の皆様:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel:+ 1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

●Infinera社について:
Infinera社(NASDAQ: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。
Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com、Twitterの場合はTwitter @Infinera、ブログの場合はblog.infinera.comを参照してください。

このプレスリリースには将来を見据えた記述だけでなく、Infinera社製品に関する特徴、機能、仕様、および要件に関する記述が含まれています。これらの記述は、結果を保証するものではなく、将来の活動および性能に関する希望的な記述を含みます。実質的な結果はこれらの希望的な記述と異なる場合もあります。Infinera社のビジネスに影響するこれらのリスク、不明確性、およびその他のリスクに関する情報はInfinera社の四半期レポート(Quarterly Report、Form 10-Q)の「危険要因に関する」および他の章に記載されております。このレポートは2015年3月28日までの第一四半期を網羅していて、SEC2015年5月1日に米国証券取引委員会に提出されております。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイトから入手できます、www.infinera.com 。SECに関する情報は次のウェブサイトから入手できます、www.sec.gov。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。